シネマトゥデイ

レッドマリア それでも女は生きていく (2011)

2013年11月2日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

韓国、日本、フィリピンで家事労働者や性労働者、ホームレスなど、体を張って生きる女性を追ったドキュメンタリー。フィリピンでは元慰安婦や16歳でシングルマザーになったセックスワーカー、韓国では非正規労働者、さらに日本では東京のホームレスなどが登場し、女性の生きる姿からグローバリズムや資本主義がもたらす問題を映し出す。メガホンを取るのは、『ショッキング・ファミリー』が日本の映画祭でも上映された女性監督キョンスン。彼女たちの歴史の刻まれたおなかが映し出され、生きることの過酷さや女性のたくましさを感じさせる。

あらすじ

結婚のためフィリピンから韓国に移り住み、10年ぶりに祖国に戻ってきたジェナリン。真相を語る決断をしたフィリピン人元慰安婦のリタ。働きたくても働くことができない非正規労働者ジョンヒ。働かないで生きていこうと決意したホームレスのいちむら。大企業による不当解雇と戦う派遣労働者の佐藤。社会の辺境で働く彼女たちをカメラは追う。

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・撮影
プロデューサー
制作

映画詳細データ

英題
RED MARIA
製作国
韓国
配給
  • スリーピン
カラー/HD
(シアター・イメージフォーラム)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]