どなたでもご覧になれます

埼玉家族 (2013)

2013年10月12日公開 104分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
埼玉家族
(C) 2013 松竹株式会社 / 埼玉県

見どころ

埼玉県に暮らす平凡な一家族を題材に、4人の新進気鋭の監督がそれぞれ父、母、息子、娘の物語を紡ぐオムニバス形式の家族ドラマ。いい子のふりをしながら家族や友人への本音をノートにつづる長女の物語『ハカバノート』のほか、『キャンディ』『父親輪舞曲』『ライフワーク』を描く。鶴見辰吾と伊藤かずえが夫婦役で共演し、『侍戦隊シンケンジャー』シリーズの森田涼花と『熱血硬派くにおくん』の大野拓朗が娘と息子を演じる。監督は、福山功起、加瀬聡、角川裕明、完山京洪。家族だからこその葛藤や存在の大きさを観る者に感じさせる、各監督の個性と手腕に注目。

あらすじ

主婦の優子(伊藤かずえ)は、かつての同僚の結婚式の帰りに電車で乗り過ごし、終点で独特な雰囲気を持つ女(入来茉里)に出会う。日常の外に飛び出した優子は、日頃の寂しさを実感する(『キャンディ』)。カメラマンのアシスタントをしているタカシ(大野拓朗)は、師匠が海外に行ったことをきっかけに、本当にやりたいことは何かと迷い始める(『ライフワーク』)。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
制作
  • デジタルSKIP ステーション
製作
  • 松竹/埼玉県
配給
  • 松竹 メディア事業部
カラー
(新宿ピカデリー)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]