シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ルートヴィヒ (2012)

2013年12月21日公開 140分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルートヴィヒ
(C) Global Screen GmbH / Stefan Falke

見どころ

バイエルンの若き王で、芸術に心酔し、類いまれな美貌と高い美意識ゆえに“狂王”と呼ばれたルートヴィヒ2世の波瀾(はらん)万丈の生涯を描く伝記ドラマ。ドイツ連邦の統一をめぐる主導権争いが勃発(ぼっぱつ)した19世紀、権力には興味を持たず、心酔するワーグナーの意のままに動く王の栄光と挫折を映し出す。ルートヴィヒにふんするのは、ドイツ映画界の新星ザビン・タンブレア。ワーグナーを『es [エス]』などのエトガー・ゼルゲが演じる。ノイシュヴァンシュタイン城やリンダーホーフ城などの美しい撮影地も見どころ。

あらすじ

バイエルンの皇太子ルートヴィヒ(ザビン・タンブレア)は、15歳のときに観た歌劇「ローエングリン」に魅了され、ワーグナー(エトガー・ゼルゲ)をあがめるように。ルートヴィヒは権力には見向きもせず、ひたすら芸術に夢中になった。そして18歳で王となり、ドイツ連邦の主導権争いが高まり戦争が不可避な状況下でも、平和に必要なのは詩と音楽の奇跡であると信じていた。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
LUDWIG II
製作国
ドイツ
配給
  • ブロードメディア・スタジオ
協力
  • 日本ワーグナー協会
  • 東京ドイツ文化センター
カラー/シネマスコープ
(有楽町スバル座)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]