シネマトゥデイ

子宮に沈める (2013)

2013年11月9日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
子宮に沈める

見どころ

『終わらない青』や『体温』の緒方貴臣が監督と脚本を務め、社会問題となっている育児放棄に至るまでの母親の心理に迫る衝撃作。若くして2児の母親となったシングルマザーが、次第に社会から孤立し追い詰められていく悲劇を見つめる。良き母であろうとしたが途中で力尽きてしまう主人公を、『指輪をはめたい』の伊澤恵美子が熱演。母を信じて疑わない子どもたちの無垢(むく)な瞳が映し出す、現実社会の冷酷さや無慈悲が招く厄災に言葉をなくす。

あらすじ

由希子(伊澤恵美子)は、娘の幸(土屋希乃)と蒼空(土屋瑛輝)と夫の4人家族。だが、夫はめったに帰宅することなく、彼女がたった一人で幼い娘と息子の世話と家事に明け暮れる毎日。結局一方的に夫に離婚を言い渡された由季子は、子ども2人を連れてアパートで新生活をスタートさせ、良き母であろうと奮闘するものの……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • エネサイ
カラー/ステレオ
(新宿K's cinemaほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]