METライブビューイング/プッチーニ《ラ・ボエーム》 (2014)

2014年5月10日公開 205分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『永遠のマリア・カラス』などの監督としても知られるフランコ・ゼフィレッリが演出を担当したジャコモ・プッチーニ作曲によるイタリアオペラの傑作。貧しくも夢にあふれた芸術家たちが集う19世紀のパリを舞台に、運命に翻弄(ほんろう)される恋人たちの悲恋を映し出す。主人公を新進気鋭のテノール、ヴィットーリオ・グリゴーロが演じ、相手役をクリスティーヌ・オポライスが演じる。若手メンバーが体当たりで演じる切ない恋の行方に涙する。

あらすじ

19世紀半ばのパリ、詩人のロドルフォ(ヴィットーリオ・グリゴーロ)と画家のマルチェッロ(マッシモ・カヴァレッティ)は、カルチェラタンで一緒に暮らしていた。屋根裏部屋で暮らしながらも、彼らには夢があった。クリスマスイブの晩、部屋にいたロドルフォのところに同じく屋根裏で暮らすお針子のミミ(クリスティーヌ・オポライス)が火を借りに来て……。

[PR]

映画詳細データ

英題
LA BOHEME-PUCCINI
製作国
アメリカ
配給
  • 松竹
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]