小学生には助言・指導が必要

ミッション:15 (2013)

2014年5月31日公開 85分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ミッション:15
(C) Event 15 AG / Millbrook Pictures 2013

見どころ

エレベーターが舞台となった凍りつくようなシチュエーションスリラー。軍医療施設のエレベーターに閉じ込められた心的外傷後ストレス障害を抱える兵士たちが、そこから脱出を図ろうとする姿と事態の裏側に隠された真実を映す。監督を務めるのは、テレビドキュメンタリーで活躍してきた新鋭マシュー・トンプソン。テレビドラマ「Dr.HOUSE-ドクター・ハウス-」シリーズなどのジェニファー・モリソンを筆頭に、実力派が出演。先読み不可能な展開に加え、実験サスペンスや軍事ドラマの要素も巧みに融合したテイストも見もの。

あらすじ

ワシントンにある、アメリカ軍の医療施設。そこで心的外傷後ストレス障害のカウンセリングを受ける中東からの帰還兵である敵の拷問を受けたホワイト(ジェニファー・モリソン)、女と子供しかいなかった施設を爆撃した無人機操縦士オールズマン(ジョシュ・スチュワート)、敵の急襲から仲間を救えなかったディエゴ(スティーヴン・ライダー)がエレベーターに乗り合わせる。すると、エレベーターが停止し混乱する中、ホワイトはスマートフォンを通してワシントンが核攻撃されたのを知る。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
2

1

[PR]

映画詳細データ

英題
EVENT15
製作国
アメリカ
配給
  • プレシディオ
協力
  • 松竹
カラー/ビスタサイズ
(ヒューマントラストシネマ渋谷 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]