サルウインドウ・ピリオド (2014)

2014年10月4日公開 83分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

治験や薬物投与の恐怖を描く『サル』シリーズ新3部作の第1弾。心臓移植手術を受けて病を乗り越えるも、輸血の際にHIVウイルスに感染した男性を待ち受ける運命を追う。監督はシリーズ全作を手掛ける、『湘南ものがたり、』『瞳をとじて』などの葉山陽一郎。『東京~ここは、硝子の街~』などの藤岡信昭、『ハニー・フラッパーズ』などの重野友美が主人公とヒロインを務め、その脇を『ランウェイ☆ビート』などの七瀬なつみ、作家としても活躍する中谷彰宏ら、バラエティーに富んだ顔ぶれが固める。社会問題となっている医療過誤ついて深く考えさせられる作品となっている。

あらすじ

老人を訪問介護する仕事をしていた稔(藤岡信昭)だったが、心臓の病気で移植手術を受けなければならなくなる。死の恐怖を感じる中、奇跡的にドナーが見つかって移植をすることに。無事に手術を終えた彼は、同僚の希(重野友美)と結ばれて子供をもうける。訪問介護の仕事にも復帰し、老人たちと自分たちの子供のためにも希と懸命に働く稔。だが、移植手術の際に輸血された血液製剤がHIVウイルスに感染しており、すでに発症していることがわかる。日増しに体が衰弱する状況で、それでも仕事を続けていくものの……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
企画製作
  • シネアスト
配給
  • アルトマン・ピクチャーズ
カラー
(池袋シネマロサ)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]