シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ハイネケン誘拐の代償 (2014)

2015年6月13日公開 95分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハイネケン誘拐の代償
(C) 2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC (C) Sofie Silberman 2014 (C) Ben Rothstein 2014

見どころ

1983年にオランダで起きた世界的ビール会社「ハイネケン」の経営者誘拐事件を映画化した実録サスペンス。『ミレニアム』シリーズなどのダニエル・アルフレッドソン監督が、エミー賞を受賞したジャーナリスト、ピーター・R・デ・ヴリーズのベストセラー本を基に、身代金の行方など謎多き事件の真相に迫る。素人誘拐犯一味を翻弄(ほんろう)する人質ハイネケンに、名優アンソニー・ホプキンス。犯行グループのメンバーには、ジム・スタージェス、サム・ワーシントンらがそろう。

あらすじ

1983年、世界的に著名なビール会社「ハイネケン」のフレディ・ハイネケン会長(アンソニー・ホプキンス)が何者かに誘拐され、高額の身代金が要求される。巨大組織による犯行の線も考えられていたものの、犯人たちは犯罪に手を染めたこともない幼なじみ5人組だった。計画は順調に進んでいたはずだったが、次第に人質であるハイネケンの威圧的な言動に振り回され、誘拐犯たちの計画に狂いが生じ始める。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
2.5

2

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
KIDNAPPING MR. HEINEKEN
製作国
ベルギー/イギリス/オランダ
日本語字幕
松浦美奈
配給
  • アスミック・エース
カラー/シネマスコープ/5.1ch
(新宿バルト9ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]