どなたでもご覧になれます

オートマタ (2013)

2016年3月5日公開 109分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オートマタ
(C) 2013 AUTOMATA PRODUCTIONS.INC.

見どころ

ゴヤ賞やサン・セバスチャン国際映画祭などに出品されたSFサスペンス。人間に代わる労働力として人工知能搭載ロボットが使われている近未来を舞台に、ロボットたちの異変に気付いた男の姿を追う。監督は、『シャッター ラビリンス』などのガベ・イバニェス。『マスク・オブ・ゾロ』などのアントニオ・バンデラス、『ゴースト・ハウス』などのディラン・マクダーモットらが顔をそろえる。人工知能が発達する未来を予見したような物語に加え、随所でさく裂する迫力のアクションも見もの。

あらすじ

太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されていた。そんな中、オートマタ管理者ジャック(アントニオ・バンデラス)は彼らが自発的に修理を行っていたのを知って驚く。その首謀者と目的を探る彼だが、思わぬ事実に突き当たる。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
AUTOMATA
製作国
ブルガリア/アメリカ/スペイン/カナダ
配給
  • 松竹メディア事業部
製作会社
  • Green Moon
  • Nu Boyana Viburno
カラー/シネマスコープ
(新宿ピカデリーほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]