シネマトゥデイ

ただひとりの父親 (2008)

2015年6月27日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

『アンニュイ ~倦怠の季節~』などのルカ・アルジェンテーロを主演に迎え、ニック・アールの小説を映画化した心温まる人間ドラマ。幼い娘を抱えて奮闘するシングルファーザーが自らの心の傷と向き合い、前進しようとする姿を丁寧に描写する。主人公の人生に飛び込んでくるヒロインを『ニーナ ローマの夏休み』などのディアーヌ・フレーリが好演。何げない日常の裏に隠された悲しみと共に、笑いと喜びに満ちた人生の輝きが胸に染みる。

あらすじ

皮膚科医のカルロ(ルカ・アルジェンテーロ)は、両親や友人たちに助けられながら10か月の娘ソフィアを男手一つで育てている。彼の妻メリッサ(クラウディア・パンドルフィ)は、出産で命を落としていた。そんなある日、カルロはジョギング中にフランス人のカミーユ(ディアーヌ・フレーリ)と出会う。

[PR]

映画詳細データ

製作国
イタリア
後援
  • イタリア大使館
  • イタリア文化会館
協力
  • 朝日新聞社文化事業部
配給
  • パンドラ
製作会社
  • カットレヤ
  • ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]