人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇 (1959)

1959年11月20日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
人間の條件 第3部望郷篇/第4部戦雲篇
(C) 1959 松竹株式会社

見どころ

ベストセラーを記録した五味川純平の半自伝的小説を6部作として実写化した戦争ドラマの第3部と第4部。関東軍に配属された梶が、凄惨(せいさん)な戦場の現実を目の当たりにする姿を映す。前作に続き、監督には『切腹』などの小林正樹、キャストには『NORIN TEN 稲塚権次郎物語』などの仲代達矢、『結婚のすべて』などの新珠三千代、『あなた買います』などの佐田啓二ら、そうそうたる顔ぶれが結集。個人の自由、思想、人格を踏みにじる戦争や軍隊の恐ろしさに言葉を失う。

あらすじ

関東軍に配属され、新城(佐藤慶)という男と共に過酷な訓練を受ける日々を過ごす梶(仲代達矢)。ソ連国境付近に移動する中、ある事件で営倉入りにされた新城が野火のどさくさにまぎれて脱走を図る。新城と彼を追う上等兵、梶の三人で組み合った果てに泥水に沈むが、梶だけが病院に運ばれる。やがて、新たな部隊へ配属されて上等兵となった梶だが、古参兵ともめたことから土肥作業隊に送り込まれてしまう。しかし、間もなく部隊は全滅。一人で前線をさまよう梶だが、そこにソ連軍の戦車が現れる。

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 松竹
モノクロ
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]