シネマトゥデイ

ブロンソン (2008)

2015年11月7日公開 90分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブロンソン
(C) Red Mist Distribution Limited 2008

見どころ

『ドライヴ』などの監督ニコラス・ウィンディング・レフンと『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』などのトム・ハーディがタッグを組んだアクション。有名になりたい一心で郵便局を襲撃し、7年間服役したのを皮切りに、30年以上にわたる刑務所生活で闇雲に暴力を振るう、イギリス史上に名を残した犯罪者を映し出す。レフン監督の映像センスと、俳優チャールズ・ブロンソンの分身であると主張して暴れまくる主人公に成り切ったトムの怪演に圧倒される。

あらすじ

1974年、イギリス。19歳のマイケル・ピーターソン(トム・ハーディ)は有名になりたいと思い、自ら作った散弾銃で郵便局を襲撃。7年間の服役を言い渡される。マイケルは一度は出所するものの、再び事件を起こし刑務所に入所。自分を俳優のチャールズ・ブロンソンの分身であると勝手に触れまわり、30年以上もの獄中生活で暴力の限りを尽くす。

[PR]

映画詳細データ

英題
BRONSON
製作国
イギリス
配給
  • クロックワークス
製作会社
  • Vertigo Films
カラー
(新宿シネマカリテ)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]