シネマトゥデイ

犬を連れた女 (2010)

2016年1月16日公開 16分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
犬を連れた女
(C) MLD Films (C) IndieTokyo

見どころ

フランスの新鋭ダミアン・マニヴェルが監督を務め、青年のある午後の体験を切り取った短編ドラマ。偶然迷い犬と出会った若者の、飼い主探しのてん末を描く。『若き詩人』でも監督とコンビを組んだレミ・タファネルが主人公を演じ、『キングス&クイーン』のエルザ・ウォリアストンが共演。さまざまな映画祭で披露された実力作に魅了される。

あらすじ

うだるような暑さの夏の午後、プールでひと泳ぎしたレミ(レミ・タファネル)は、その帰り道で迷い犬を発見する。彼はどうにか飼い主を見つけ出して、無事に送り届ける。レミは玄関先に出て来た少々酔いの回った体格のいい黒人女性に、家に上がっていくように言われ……。

[PR]

映画詳細データ

製作国
フランス
配給
  • IndieTokyo
製作会社
  • MLD Films
カラー
(シアター・イメージフォーラムほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]