どなたでもご覧になれます

火の山のマリア (2015)

2016年2月13日公開 93分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
火の山のマリア
(C) LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015

見どころ

グアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテが長編デビューを飾り、アメリカ大陸の先住民族であるマヤ人にまなざしを向けた人間ドラマ。なかなか貧困から抜け出せない一家の娘である主人公と、彼女を取り巻く人々の姿をグアテマラの社会問題も交えて描く。幼いころ、ブスタマンテ監督が過ごしたマヤ文明が息づく土地で暮らす現地の人々を俳優として採用。土着の文化はもとより、現代社会が内包するさまざまな矛盾を浮き彫りにする物語に舌を巻く。

あらすじ

17歳のマヤ人マリア(マリア・メルセデス・コロイ)は、グアテマラの活火山のそばで農業に従事する父母と一緒に生活をしていた。困窮にあえぐ一家はその解決策として、地主イグナシオ(フスト・ロレンツォ)にマリアを嫁に出そうとする。だが、マリアの心はコーヒー農園で働くペペ(マーヴィン・コロイ)にあり、彼の子供を身ごもってしまう。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.5

2

[PR]

映画詳細データ

英題
IXCANUL(VOLCANO)
製作国
グアテマラ/フランス
提供
  • GAGA
  • 新日本映画社
配給
  • エスパース・ サロウ
カラー/シネマスコープ/DCP
(岩波ホールほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]