バナナの逆襲/第1話 ゲルテン監督、訴えられる (2011)

2016年2月27日公開 87分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

農薬被害に苦しむニカラグア人労働者とアメリカの多国籍企業の裁判を取り上げたドキュメンタリーをめぐり、企業による監督への妨害工作を暴くドキュメンタリー。『バナナの逆襲/第2話 敏腕?弁護士ドミンゲス、現る』の上映中止が映画祭の開始直前に決定し、企業が行った上映するなら法的措置を取るといった脅迫や嫌がらせ、メディア工作がつまびらかにされる。監督は、スウェーデン人のジャーナリストで映画監督のフレドリック・ゲルテン。大企業のやり方や、政治やマスコミへの影響力にがく然とする。

あらすじ

2009年、スウェーデン人映画監督のフレドリック・ゲルテンは、アメリカの巨大食品産業と農薬被害に苦しむニカラグア人労働者の裁判を追ったドキュメンタリーをロサンゼルス映画祭で上映することになっていた。ところが、映画祭の直前に上映中止が決定。理由は、やり玉に挙がったドール社が上映を取りやめるよう動いたのだ。さらに、企業はゲルテン監督に対してさまざまな妨害工作を行う。

[PR]

映画詳細データ

英題
BIG BOYS GONE BANANAS!*
製作国
スウェーデン
配給
  • きろくびと
制作
  • WG FILM
後援
  • スウェーデン大使館
協力
  • 大地を守る会
  • APLA
  • オルター・トレード・ジャパン
  • スウェーデン映画祭実行委員会
  • 日本映像翻訳アカデミー
カラー
(渋谷ユーロスペース)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]