シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

だれかの木琴 (2016)

2016年9月10日公開 112分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
だれかの木琴
(C) 2016『だれかの木琴』製作委員会

見どころ

平凡な主婦がストーカーと化す姿を通して女性が抱く飢餓感や疎外感、それに向き合う男性たちの姿を、常盤貴子と池松壮亮らの共演で描くヒューマンドラマ。美容師からの営業メールをきっかけに若い男に執着する主婦と、彼女の狂気に巻き込まれていく家族や周囲の人々を映し出す。原作は直木賞作家・井上荒野の小説。監督を『もう頬づえはつかない』『わたしのグランパ』などの東陽一が務め、勝村政信と佐津川愛美らが共演。女性の内面に鋭く切り込み、エロスを表現する東監督の演出手腕に期待が高まる。

あらすじ

主婦の小夜子(常盤貴子)は、夫の光太郎(勝村政信)と娘と共に東京郊外に引っ越し、初めて訪れた美容院で髪を切る。帰宅後、小夜子を担当した美容師の海斗(池松壮亮)から営業メールが届くが、返信した小夜子に自分でも理解しがたい感情が湧いてくる。小夜子は海斗に執着し始め、エスカレートしていく行動は海斗や光太郎、娘、海斗の恋人・唯(佐津川愛美)までも巻き込んでいき……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
原作
主題曲
企画・製作・プロデューサー
製作
アソシエイトプロデューサー
ラインプロデューサー
撮影
照明
録音
音響効果
編集
美術
装飾
衣装デザイン
ヘアメイク
製作担当
プロダクションマネージャー
助監督

映画詳細データ

製作国
日本
製作
  • 『だれかの木琴』製作委員会
制作プロダクション
  • シグロ
  • ホリプロ
配給
  • キノフィルムズ
カラー
(有楽町スバル座、シネマート新宿ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]