シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スパイダーマン:ホームカミング

公式サイト:http://www.spiderman-movie.jp
スパイダーマン:ホームカミング
(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.
英題:
SPIDER-MAN:HOMECOMING
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年8月11日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション。血気盛んなスパイダーマンが、突然出現した怪物に戦いを挑む姿を活写する。アイアンマンとして数々のマーベル作品に出演してきたロバート・ダウニー・Jrや、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンらが共演。新人ヒーローの成長ぶりに目を見張る。

あらすじ:15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。

スパイダーマン:ホームカミング
(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    かけだしヒーロー・ストーリー、青春篇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     監督は『ブレックファスト・クラブ』等のジョン・ヒューズ作品をモチーフにしてアメコミ映画を撮ろうとしたというが、それも納得の青春モノとヒーロー活劇の融合。

     実力を示したくてウズウズするあまり、学校生活を軽んじてしまう、そんな若気のフライング、もっといえば青クサさを、ポップな感覚で活写。金も地位もない若者の行き場のない感情の描写は『スパイダーマン2』を連想させ、先人ライミへの敬意を匂わせる。

     ユーモアも効いており、トニー・スタークやオデブな友人との、ピーターの絡みは面白い。高層ビルのない田舎ではさすがのスパイディもスイングできず、走るしかない……というのは目からウロコだった。

  • 中山 治美
    これぞアメリカだ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    スパイダーマンことピーターの青春譚だが、苦さが際立つ。
    アベンジャーズ入りを夢見る彼の正義が空回りし、非常事態を次々と招く。
    結果的にピーターが取り繕い、事情を知らぬ人からヒーローと崇められる皮肉。
    未熟な者が武器を使うことの重責を知るには、十分過ぎる”お勉強”だ。
    挑戦的な試みはキャスティングにも。
    同級生がアフリカ系やフィリピン系と、多人種国家を象徴するかのよう。
    それが物語のカギとなるのだから、日本ではまず生まれないであろう脚本に感心しきり。
    でも、これぞ米国。
    白人至上主義者のトップが君臨する今、本作を制作した映画人の心意気に拍手すら送りたくなるのだ。

  • 清水 節
    80年代学園ドラマ・テイストと身体性高きトム・ホランドの発見
    ★★★★
    »読む«閉じる

     スタッフ&キャストの一新だけではなく、トーンをも刷新した会心のリブート。資本主義社会の犠牲者ヴァルチャーと、そんな世の中の守護者である実業家ヒーローことトニー=アイアンマンという対立軸の狭間で、高校生ピーターが真のヒーローになるビルドゥングスロマン。ベンおじさんの死を捨象し、80年代学園ドラマ風タッチを選択した演出は、マンネリを打破する上で正解だ。アベンジャーズ入りへの憧れという立ち位置や、動画投稿や部活的ヒーロー活動といったエピソードによって、あまちゃんヒーローの瑞々しさが際立った。そして何より、驚異のVFXではなく、トム・ホランドという身体性に照準を定めたことが、本作成功の最大の鍵。

  • なかざわひでゆき
    ピーター・パーカー=トム・ホランドが愛くるしい!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の一員として仕切り直された新生スパイダーマン・シリーズの第1弾。過去作品と決定的に違うのは、その能天気なまでに痛快なノリの良さと学園青春ドラマ的な爽やかさだ。中でも、主人公ピーターのお茶目な童貞男子ぶりが実に愛くるしく、そこは演じるトム・ホランドの魅力に負うところが大きい。
     一方で、社会に蔓延する経済格差や不平等への怒りに燃える悪人バルチャーに、単純な善悪では割り切れない人間のダークサイドを投影する。この光と影のバランスが絶妙。さながらバードマンなバルチャー役にマイケル・キートンって、どう考えたって狙ってますよね(笑)。

  • くれい響
    思わずトム・ホランドを応援したくなる!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭の“『シビル・ウォー』盗撮実況”から、何かが違う! 部活ノリで、ヒーロー活動する今度のピーター・パーカーは、これまでのあざといナード臭や葛藤を醸し出さず、イマドキな学園ドラマとして突っ走る。誕生シーンなど、はしょり具合も気持ちよく、ロバート・ダウニー・Jrとの絡みも愛おしいトム・ホランドの好演は、観客を完全に味方につけるだろう。そのポップでライトなテイストに賛否あるかもしれないが、バルチャーの正体判明後のジョン・ワッツ監督らしい演出には思わずニヤニヤ。まさか「DCユニバース」の影響?と思わせるダークなクライマックスは、手放しでは喜べないが、確実に次回作が期待できる仕上がりである。

  • 平沢 薫
    "スパイダーマン映画"がラモーンズのノリで生まれ変わった!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     冒頭で鳴るのがNYパンクの人気バンド、ラモーンズ。この1曲で、この映画が「NYといえばラモーンズでしょ」という感性に貫かれていることを宣言。その宣言通りに、映画自体がパンクな勢い、スピードと跳躍力で疾走する。速いだけではなく、速度が軽やかさを伴う。若返ったのは主人公だけではない、"スパイダーマン映画"が若返った。
     演出も現代に合わせてアップデート。現役高校生のピーターは自撮りが大好きで、観客はアベンジャーズが絡む世界規模の出来事も、彼の自撮り目線で描かれる。それでいて"ご近所のヒーロー"というスパイダーマンの根幹は、きっちり踏まえる。ジョン・ワッツ監督、今後の動きにも要注目だ。

  • 山縣みどり
    青春映画としての胸きゅん要素がいっぱいでした!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    再びのリブートだけど、スパイダーマンである高校生ピーターの戦いよりも多くの比重が高校生活に割かれているのが新しい。キャプテン・アメリカの盾を奪ったと大興奮し、その様子をスマホで録画するピーターの「悪と戦うのは放課後」というバイト感覚ヒーローっぷりも今どきだ。演じるトム・ホランドはティーンらしい不安や戸惑い、初恋に胸を焦がす様子をとてもリアルに演じていて、おおいに共感。コンピュータに強いおデブな親友がいろんな側面で協力する感じも、青春あるある! CGI満載のアクションは派手だし、スタークが作ったAI内蔵スーツの機能もすごい。でもワクワクさせられたのは、青春ドラマとしての胸きゅん要素なんだな。

  • 猿渡 由紀
    ユーモアたっぷりの新鮮なアプローチ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    リブートと聞くとオリジンストーリーと思いがち。でも、これは過去に2度語られた話の練り直しではない。トビー・マグワイアは26歳、アンドリュー・ガーフィールドは28歳でピーター・パーカーを演じたが、トム・ホランドがこの役で「シビル・ウォー」に初登場したのは、19歳の時。親友ネッドとのユーモアあふれる数々のシーンも、高校生にふさわしい若々しさのある彼らだからこそ、自然でリアルに見える。アベンジャーズのキャラクター、とくにアイアンマンがやや出すぎな感じがしていたが、それも、マーベルユニバースにおけるスパイダーマンの特性をきわだたせるためだったのだとわかる。ラストも次を楽しみにさせる。

予告編・動画

藤原啓治版アイアンマンも!映画『スパイダーマン:ホームカミング』日本語吹き替え版予告編
シビル・ウォー中に自撮り!『 スパイダーマン:ホームカミング』予告編
映画『スパイダーマン:ホームカミング』新予告編
新スパイダーマン、アイアンマンと共闘!『スパイダーマン:ホームカミング』予告編

» 『スパイダーマン:ホームカミング』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスター
    ポスター
  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスター
    ポスター
  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』チラシ
    チラシ
  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』スパイダーマン特製イヤフォン・コードリール
    スパイダーマン特製イヤフォン・コードリール
  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』シリコンバンド(赤色または青色※色はお選びいただけません)
    シリコンバンド(赤色または青色※色はお選びいただけません)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ピーター・パーカー/スパイダーマン:
エイドリアン・トゥームス/バルチャー:
ハッピー・ホーガン:
ミシェル:
メイおばさん:
トニー・スターク/アイアンマン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スパイダーマン:ホームカミング』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • スパイダーマン:ホームカミング from エンターテイメント日誌 (2017年9月1日 8時16分)
    評価:C 映画公式サイトはこちら。 ダメだ。余りにも評判が高いから期待して観に ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スパイダーマン:ホームカミング」 from 元・副会長のCinema Days (2017年8月28日 6時29分)
    (原題:SPIDER-MAN:HOMECOMING )随分と“軽い”仕上がりだ。今回からアベンジャーズ陣営に正式参加するための措置かと思ったのだが、アベンジャーズ関連作品もけっこうハードな題材を扱うこともあるので、理由はそれではないだろう。いわば“二軍扱い”の若造のエピソー... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スパイダーマン ホームカミング」:軽やかな青春コメディ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年8月19日 23時24分)
    映画『スパイダーマン ホームカミング』は、昨年の『キャプテン・アメリカ シビル・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • スパイダーマン:ホームカミング 評価と感想/引越しで忙しいんです from eigamanzaiの映画レビュー (2017年8月16日 13時19分)
    アイアンマンなら3分だと思うけど ☆3点 スパイダーマン3回目の映画化でマーベル・シネマティック・ユニバースに組み込まれた第1弾の作品。 監督はジョン・ワッツ、主演にトム・ホランド、敵役にマイケル・キートン 予告編はこんな感じです 映画『スパイダーマン:ホームカミング』予告?映画『スパイダーマン:ホームカミング』最新予告が全世界同時に解禁! 2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー! 公式サイト: 公式Facebook: 公式Twitter: h...www.youtube.com 映画データ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スパイダーマン:ホームカミング」@109シネマズ川崎 from 新・辛口映画館 (2017年8月12日 16時52分)
    公開初日。2D吹替え版を上映するシアター6は前方席を除きほぼ満席だ。かなり小さいお子さんから、小学生、中学生位の男子がたくさん来場している。劇場内の冷房が効きすぎて寒く、上映中にトイレに行く人が多い。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月7日の週の公開作品
  3. 『スパイダーマン:ホームカミング』