カトマンズに散る花 (2013)

2016年4月23日公開 134分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
カトマンズに散る花
(C) 2013 Film Creation Nepal Pvt.Ltd.

見どころ

ネパール文学界で著名なパリジャートの原作を映画化。ネパールのカトマンズを舞台に、戦争で心に深い傷を負った男と、くせのある女性との間に芽生えた愛の行方を描く。ネパール映画研究者として知られる東京情報大学教授・伊藤敏朗がメガホンを取り、およそ4年の歳月をかけて完成させた。伊藤監督が手掛けた『カタプタリ~風の村の伝説~』などのガネス・マン・ラマらが出演。

あらすじ

第2次世界大戦下、英印軍のゴルカ傭兵(ようへい)としてビルマ戦線で日本軍と戦ったスヨグ・ビル(ガネス・マン・ラマ)は心に深い傷を負う。ある日、飲み友達のシブラージュ(ジャガット・ラスティア)の自宅に招かれた彼は、シリスの木に囲まれた屋敷でシブラージュの妹サカンバリ(サルミラ・グルン)と出会う。その後、冷酷な彼女と対立するスヨグだったが……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

撮影監督
音楽
音響
助監督
製作マネージャー
美術
カメラ
監督補佐
原作
脚色
エグゼクティブプロデューサー
監督・脚色

映画詳細データ

製作国
ネパール
提供・製作
  • Film Creation Nepal Pvt.Ltd.
カラー
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]