シネマトゥデイ

生きうつしのプリマ (2015)

2016年7月16日公開 101分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
生きうつしのプリマ
(C) 2015 Concorde Filmverleih / Jane Betke

見どころ

亡き母に似た有名オペラ歌手をインターネットで見つけたことから、娘がドイツからアメリカやイタリアへと真相を探る旅に出る姿を描いたミステリー。『ローザ・ルクセンブルグ』『ハンナ・アーレント』のマルガレーテ・フォン・トロッタ監督と女優バルバラ・スコヴァが再びタッグを組み、バルバラが母とオペラ歌手の二役で熱演。クラブ歌手を辞めさせられ恋愛もイマイチな、母とオペラ歌手の関係を調査する娘を『ゲーテなんてクソくらえ』などのカッチャ・リーマンが演じる。愛する母の過去と向き合い、自分の生き方を見つける娘の姿に感動を覚える。

あらすじ

ドイツの小さなクラブをクビになった歌手のゾフィ(カッチャ・リーマン)は、父親にインターネットのニュースを見せられて驚く。そこには死んだ母エヴェリン(バルバラ・スコヴァ)とうり二つの女性がいたのだ。彼女は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で歌うプリマドンナのカタリーナ(バルバラ・スコヴァ)。ゾフィは、父からカタリーナのことを調べてほしいと頼まれてニューヨークへ旅立つ。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3

1

[PR]

キャスト

スタッフ

監督・脚本
プロデューサー
エグゼクティブプロデューサー
音楽
撮影
美術

映画詳細データ

英題
THE MISPLACED WORLD
製作国
ドイツ
配給
  • ギャガ
カラー
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]