クワイ河に虹をかけた男 (2016)

2016年8月27日公開 119分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

太平洋戦争中に陸軍通訳としてタイで勤務した永瀬隆氏の贖罪(しょくざい)の足跡を、瀬戸内海放送の満田康弘が追ったドキュメンタリー。『レイルウェイ 運命の旅路』のモデルとなった人物が、“死の鉄道”と呼ばれた泰緬鉄道犠牲者へのあがないと、元捕虜と旧日本軍関係者の和解に尽力する日々にカメラが迫る。周囲の反発に遭いながらも、人として正しい道を模索してきた人物の年月が重い。

あらすじ

太平洋戦争真っただ中の1942年7月、旧日本軍はタイとビルマ(現ミャンマー)をつなぐ泰緬鉄道を敷くための工事に取りかかる。軍はイギリス、オーストラリア、オランダ等の連合軍捕虜6万人超に加え、25万人以上の現地アジア人を投入。当時陸軍通訳だった永瀬隆氏は、タイ側の鉄道建設拠点カンチャナブリ憲兵分隊に配属されていた。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
資料提供
  • Argyll Film Partners
映像提供
  • 朝日放送
  • BBC
  • オーストラリア戦争記念館
協賛
  • 「英連邦戦没捕虜追悼礼拝」実行委員会
  • 円応教
  • 善隣教
  • 大慧會教団
  • 立正佼成会
  • 新日本宗教青年会連盟
  • 成通グループ
  • もりたクリニック
  • ヒラツカ
後援
  • オーストラリア大使館
  • オランダ大使館
製作・著作
  • 瀬戸内海放送
配給
  • きろくびと
16:9
(ポレポレ東中野ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]