チリの闘い (1975)

2016年9月10日公開 263分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
チリの闘い
(C) 1975, 1976, 1978 Patricio Guzman

見どころ

『真珠のボタン』などのパトリシオ・グスマンが監督を務め、1970年代の激動の祖国チリにカメラを向けた衝撃のドキュメンタリー。東西冷戦時代のチリにおける、社会主義政権の誕生から軍事クーデターによる独裁体制に至るまでの経緯を3部構成で映し出す。グスマン監督はクーデター後、逮捕・監禁から逃れてフランスに亡命。命の危険にさらされながらも、カメラを回し続けた映像作家としての矜持が伝わってくる。

あらすじ

1970年、チリでは左派の人民連合政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領の座に就くが右派は暴力的手段で抵抗する(第1部:ブルジョワジーの叛乱)。1973年6月のクーデター未遂事件を受け、軍は同年9月に再度クーデターを実行する(第2部:クーデター)。労働者や農民たちがグループ「民衆の力」を組織し始め……(第3部:民衆の力)。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE BATTLE OF CHILE: THE STRUGGLE OF AN UNARMED PEOPLE
製作国
チリ/フランス/キューバ
配給
  • アイ・ヴィー・シー
支援
  • キューバ映画芸術産業庁
  • マッカーサー基金
デジタル/モノクロ
(渋谷ユーロスペースほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

「アジェンデの言葉」ステッカーセット
「アジェンデの言葉」ステッカーセット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]