シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ザ・ギフト
(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.
英題:
THE GIFT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年10月28日
(TOHOシネマズ 新宿ほか)
上映時間:
提供・配給:
バップ
配給:
ロングライド
提供協力:
日活
製作会社:
ブラムハウス・プロダクションズ
シネマスコープ/カラー/5.1ch

見どころ:『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどのヒットメーカー、ジェイソン・ブラム製作のもと、俳優のジョエル・エドガートンが監督を務めたサイコスリラー。幸せに暮らす夫婦が、ある男から執拗(しつよう)にプレゼントを贈り続けられる恐怖を描く。不気味なギフトに翻弄(ほんろう)される夫婦に『ディス/コネクト』などのジェイソン・ベイトマンと、『それでも恋するバルセロナ』などのレベッカ・ホールがふんし、彼らを恐怖に陥れる男をジョエルが演じる。

あらすじ:転居先で幸せな生活を送っている夫婦サイモン(ジェイソン・ベイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、サイモンの高校時代の同級生だというゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。再会を祝いゴードは1本のワインをプレゼントし、その後もたびたび二人を訪ねては贈り物をし続ける。次第にその内容がエスカレートしていき、二人が違和感を抱くようになると、周囲で異変が生じ……。

ザ・ギフト
(C) 2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    イジメに時効なんてございません
    ★★★★
    »読む«閉じる

     学生時代のイジメというのは、往々にして被害者に一生消えないほどの深い傷を残すものだが、一方の加害者は自分が誰かをイジメたという事実すら忘れてしまうことが少なくない。本作のテーマはまさにそこであり、サイコサスペンスの手法を用いた因果応報の復讐譚だと言える。
     物語の前半と後半で悪役がガラリと入れ替わるストーリーテリングの巧妙さ。あえて観客をミスリードさせつつ、徐々に真相を明かしていく煽り方は抜群だ。監督・脚本・出演の3役を兼ねるジョエル・エドガートンの見事な演出センスにニンマリとする。
     そして、ある意味で究極の復讐とも言える皮肉なクライマックス。まさに一生忘れることのできない贈り物だ。

  • 平沢 薫
    "俳優"エドガートンが監督して"演技の魅力"を描く
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督・脚本は、俳優のジョエル・エドガートン。監督業は短編2作を経験済みだが、長編映画は今回が初めて。にもかかわらず、ストーリーのおもしろさと、俳優の演技の魅力、その双方を堪能させてくれる。

     特に後者。このストーリーは、俳優であるエドガートンが、俳優の演技というものの魅力を見せるために考案したのではないかと思わせる。ストーリーが進むにつれて、彼自身が演じる人物も含め、主要登場人物3人の隠されていた側面が次々に暴かれていく。すると、同じ俳優が演じているのに別の顔になっていき、別の人物に見えてくる。善人にも悪人にも見えてくる。そんな演技というものの持つ力を堪能させる映画になっている。

予告編・動画

映画『ザ・ギフト』予告編

» 『ザ・ギフト』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

STX Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ザ・ギフト』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・ギフト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ザ・ギフト』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・プロデューサー:
キャスティング: テリー・テイラー
衣装デザイン: テリー・アンダーソン
音楽監修: デイナ・サノ

キャスト

ケビン“KK”ケラー:
ウォーカー刑事:
ミルズ刑事:
ウェンディ・デール:
フランク・デール:
スチュワート:
ロンダ・ライアン:
ダニー:
アンジェラ医師:
不動産業者:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ザ・ギフト』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ザ・ギフト』評価と感想/ポスターの箱が嫌な大きさ from eigamanzaiの映画レビュー (2017年4月28日 14時30分)
    オリジナル脚本・初監督 中々の力量 ☆4.5 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ ザ・ギフト映画『ザ・ギフト』の作品情報:『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどのヒットメーカー、ジェイソン・ブラム製作のもと、俳優のジョエル・エドガートンが監督を務めたサイコスリラー。幸せに暮らす夫婦が、ある男から執拗(しつよう)にプレゼントを贈り続けられる恐怖を描く。www.cinematoday.jp ザ・ギフト|映画情報のぴあ映画生活『ザ・ギフト』は2015年の映画。『ザ・ギフト』に対する&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ザ・ギフト】はラストが怖すぎて震える映画 from 元ボクサーの一念発起 (2017年3月12日 17時29分)
    そのプレゼントがマジでヤバい! 俳優であるジョエル・エドガートンの長編初監督作品で、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラム製作によるサイコスリラー! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!これは怖い・・ 作品情報 原題:THE GIFT洋画:サイコ・スリラー製作年:2015年製作国:アメリカ日本公開:2016年10月28日レンタル開始日:2017年3月8日上映時間:108分公式サイト あらすじ 転&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ザ・ギフト~何気にドナルド・トランプ風 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年12月9日 22時52分)
    公式サイト。 原題:The Gift。ジョエル・エドガートン監督・主演。ジェイソン・ベイトマン、レベッカ・ホール、アリソン・トルマン、ティム・グリフィン、ビジー・フィリップス、ア ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・ギフト」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2016年11月13日 23時38分)
    この週末、題名とあらすじだけで"これだ!"と言う嗅覚が働き見に行ったこの映画。一言で感想を述べただけでもネタバレになりそうなので後に回しますが、今の私の心境から言って心に刺さる映画でした。名作とは言い難いものの、その薄暗い雰囲気は(以前に見た… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ザ・ギフト/THE GIFT from 我想一個人映画美的女人blog (2016年11月11日 2時2分)
    「ウォーリアー」「ブラック・スキャンダル」の俳優、ジョエル・エドガートンが 製作・脚本・主演を兼ね、記念すべき監督デビューを飾ったサスペンス。 ジェームズ・ワンが製作総指揮を務める。 夫の故郷に引っ越してきた若い夫婦が、そこで再会した夫の高校時代の同級生。 主演のゴードにジョエル・エドガートン。 ゴードの昔の同級生サイモンには、いい人役が多い、ジェイソン・ベイトマン。 その妻、ロビンにレベッカ・ホール。この人ショートの方が似合う。  シカゴ. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年10月24日の週の公開作品
  3. 『ザ・ギフト』