シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ヒトラーの忘れもの
(C) 2015 NORDISK FILM PRODUCTION A / S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF
英題:
LAND OF MINE
製作年:
2015年
製作国:
デンマーク/ドイツ
日本公開:
2016年12月17日
(シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
カラー/シネマスコープ/5.1ch

見どころ:第2次世界大戦終了後、ドイツ兵捕虜がデンマークで地雷処理に動員されたという史実を基に描くドラマ。恐ろしい体験を共有するうちに、戦時中は敵同士だったドイツ兵捕虜とデンマーク人軍曹が次第に人間として距離を縮めていく過程を丁寧に描写する。デンマークのマルティン・サンフィリートが監督と脚本を担当。人間の善と悪の二面性を浮き彫りにする物語に引き込まれる。

あらすじ:ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。

ヒトラーの忘れもの
(C) 2015 NORDISK FILM PRODUCTION A / S & AMUSEMENT PARK FILM GMBH & ZDF

映画短評

  • 中山 治美
    史実の重さと共に、向き合わされる己の心根
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『JSA』や『善き人のためのソナタ』など、
    特殊な状況下で敵対関係にあった者同士の友情を描いた秀作はある。
    本作はさらに、己の本性とか潜在意識と向き合わされることとなるだろう。
    ナチスがデンマーク海岸沿いに埋めた地雷を除去する為に、駆り出された独の少年捕虜。
    これは当然の報いか? はたまた残酷な報復と思うのか?
    少年兵が体調を崩した際、近隣農家の主婦が笑いながら放った言葉が胸に突き刺さる。
    「いい気味だわ」と。
    戦争は確実に人を変える。
    それでも地雷は未だに世界中にあり、暴力と憎悪の連鎖は止む事ない。
    そんな世界で自分は正気を保つことができるのか?
    本作が今に放ったテーマは実に重い。

  • なかざわひでゆき
    国家の代わりに贖罪を強いられた少年たちの悲劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     第二次世界大戦が終結した直後のデンマークを舞台に、捕虜になったドイツ人の少年兵たちが、ドイツ軍によって埋められた無数の地雷を撤去するために駆り出されたという史実を基にした映画だ。
     まだまだ無邪気であどけない少年たちが、ドイツ人というだけで激しい憎悪の目を向けられ、戦勝国側の大人の兵士たちから理不尽な暴力と虐待を受け、過酷な強制労働の中で一人また一人と命を落としていく。それでもなお故郷へ帰る日を夢見て耐え続ける彼らの姿に、胸がズキズキと痛む。
     国家の罪と個人の罪は別物として捉えられるべきだが、しかし憎しみは人間の理性をたやすく曇らせる。それもまた戦争の罪深さだ。

予告編・動画

映画『ヒトラーの忘れもの』予告編

» 『ヒトラーの忘れもの』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ヒトラーの忘れもの』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヒトラーの忘れもの』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヒトラーの忘れもの』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヒトラーの忘れもの』ドイツの高級デリカテッセン・ダルマイヤーの「フルーツフォレスト」ティーバッグ
    ドイツの高級デリカテッセン・ダルマイヤーの「フルーツフォレスト」ティーバッグ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

カール・レオポルド・ラスムスン:
セバスチャン・シューマン:
ヘルムート・モアバッハ:
エルンスト・レスナー:
ヴェルナー・レスナー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヒトラーの忘れもの』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】ヒトラーの忘れもの from 別冊 社内報 (2017年2月20日 18時11分)
    タイトルが原題「LAND OF MINE」をそのまま使わなかったのは、よかった。忘れ物は少年兵を指すのでしょうかね。主題の地雷を考えると「ヒトラーの尻拭い」くらいな。地雷は怖い。■ 札幌劇場にて ...[外部サイトの続きを読む]
  • アカデミー賞外国語映画部門ノミネート「ヒトラーの忘れもの」 from エンターテイメント日誌 (2017年2月17日 8時40分)
    評価:A- 映画公式サイトはこちら。デンマークとドイツの合作である。アカデミー賞 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヒトラーの忘れもの」 from 元・副会長のCinema Days (2017年1月23日 6時43分)
    (原題:LAND OF MINE)乱暴な言い方かもしれないが、本作に似ている映画を挙げるとすれば、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の「恐怖の報酬」(53年)だと思う。いつ地雷が爆発するか分からない恐怖そして緊迫感が全編に横溢しており、ハイレベルのサスペンス空... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「地雷と少年兵」第28回東京国際映画祭 (日本公開タイトル「ヒトラーの忘れもの」) from ここなつ映画レビュー (2017年1月6日 15時28分)
    コンペティション作品。軍曹役のローラン・モラーと少年兵役ルイス・ホフマンとが最優秀主演男優賞を受賞。最優秀主演男優賞…。そうきたか!という感じだ。私はこの作品はグランプリでいいと思っている。と、なんか急に偉そうだけれど、偉そうな意図は全くなくて…何故この作品がグランプリに相応しいと思ったかというと、内容の衝撃度や展開のドラマ性ももちろんなのだが、マーチン・ピータ・サンフリト監督自らがQ&Aで語っていた、「デンマークにも暗黒の部分がある。それを描きたかった。」という気持ちに大変感銘を受けたからだ。1945年5 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒトラーの忘れもの / Under sandet from 勝手に映画評 (2016年12月18日 19時1分)
    史実に基づく作品。 第2次世界大戦終戦直後のデンマークで、地雷除去に従事させられた敗残ドイツ軍の少年兵たちを描いた作品。実際には2000人ほどのドイツ兵により150万もの地雷が処理されたそうですが、地雷処理にあたったドイツ兵の多くは少年兵で、その半数が死ぬか... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月12日の週の公開作品
  3. 『ヒトラーの忘れもの』