シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
グリーンルーム
(C) 2015 Green Room Productions, LLC. All Rights Reserved.
英題:
GREENROOM
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年2月11日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
配給:
トランスフォーマー
製作会社:
Broad Green Pictures / Film Science
カラー/シネマスコープ/DCP

見どころ:2016年に27歳の若さで事故死した、『スター・トレック』シリーズなどのアントン・イェルチンが主演したスリラー。『ブルー・リベンジ』などのジェレミー・ソルニエ監督がメガホンを取り、偶然殺人事件の目撃者となったバンドの仲間たちが楽屋にこもって反撃を試みる様子を描き出す。『マイ・ファニー・レディ』などのイモージェン・プーツらが共演。絶体絶命のピンチから逆転を狙う主人公たちの姿に目がくぎ付けになる。

あらすじ:無名のパンクロックバンド「エイント・ライツ」に、待ちに待った演奏のチャンスが回ってくるものの、ライブ会場は異様な雰囲気が漂うネオナチたちが集まる場所だった。さらに間の悪いことにバンドメンバーたちは殺人事件を目撃したため、命の危険にさらされる。楽屋に閉じこもった彼らの運命はいかに……。

グリーンルーム
(C) 2015 Green Room Productions, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    ネオナチの真の恐ろしさに迫る快作スリラー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     閉塞的な状況をとらえたスリラーはよくあるが、本作の面白い点は人間の悪意、ひいては暴力に取り巻かれて身動きがとれなくなることだ。

     ネオナチを敵に回し、取り囲まれて逃げられない。そのネオナチ連中も単に暴力的ではなく、知性派のボスに仕切られている。機を見るに敏な極右政党が台頭する欧州の状況を連想しつつ、そのリアリティにゾクゾクさせられる。肉体ザックリの瞬間的バイオレンスもショックの点で効果的だ。

     主演の故A・イェルチンには以前、取材した際に、1970年代のパンクが好きで、自身もバンドをやっていると語っていた。繊細なパンクスという点で、彼本人とかぶるものがあり、熱演を興味深く見た。

  • なかざわひでゆき
    パンクロッカーVSネオナチ版「要塞警察」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     売れないパンクバンドがド田舎の怪しげなライブハウスで演奏したところ、運悪く殺人事件の現場に遭遇する。店はネオナチの巣窟。違法行為を隠すため警察沙汰を避けたい店側は、手っ取り早く目撃者を皆殺しにすることに。かくして、楽屋に籠ったパンクロッカーVSネオナチ軍団の凄まじい攻防戦が始まる。
     シンプルな設定の中にスリルとサスペンスと血みどろバイオレンスが満載。それでも期待したほど過激でヤバい印象を受けなかったのは、もしかすると筆者が日頃から悪趣味グロ映画ばかり見慣れているせいかもしれないが、「要塞警察」系のワンシチュエーション映画として手堅い出来栄え。それにしても、アメリカの田舎ってやっぱ怖えな…。

  • 平沢 薫
    青春でパンクバンドでホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     青春でパンクバンドでホラーで残虐。「悪魔のいけにえ」から脈々と続く、アメリカの田舎はやっぱりヤバイ系ホラーの系譜でありつつ、いきなりの残虐描写が現代的。そのうえ、バンドものでもある。監督自身による脚本は、オープニングとエンディングのセンスと、ときどきのユーモアがいい感じ。そのいろんな要素が違和感なく共存している。
     本筋とは関係なく、パンクバンドが小さなライブハウスで演奏するシーンの、ベタついた床の感じやホコリ臭い匂いが生々しいと思ったら、監督自身がかつてパンクバンド少年だったそう。デッド・ケネディーズの「暗殺」が彼にとって初めてのハードコア・パンクだったそうで、そんな観点から見ても楽しい。

予告編・動画

楽屋にたてこもった彼らの運命は…!?映画『グリーンルーム』予告編
斎藤工&板谷由夏が『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』など2月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『グリーンルーム』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『グリーンルーム』ポスター
    ポスター
  • 映画『グリーンルーム』チラシ
    チラシ
  • 映画『グリーンルーム』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『グリーンルーム』エイント・ライツ特製ステッカー
    エイント・ライツ特製ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

リース:
タイガー:
ダニエル:
ビッグ・ジャスティン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『グリーンルーム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • グリーンルーム/ネオナチVSパンクバンド! from 映画感想 * FRAGILE (2017年2月15日 21時26分)
    グリーンルームGreen Room/監督:ジェレミー・ソルニエ/2015年/アメリカ ネオナチが襲ってくるぞー! 新宿シネマカリテ スクリーン1 F-12で鑑賞。アントン・イェルチン目当てで見ました。 あらすじ:ネオナチの巣窟で閉じ込められて大変です。 キャストアントン・イェルチンイモージェン・プーツパトリック・スチュワートカラム・ターナーメイコン・ブレア ※ネタバレしています。 特に注意書きはしていません。あんまり褒めてないかなー。褒めるレビューが好きな方は読まれないほうが良いかと ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月6日の週の公開作品
  3. 『グリーンルーム』