シネマトゥデイ

太陽の下で -真実の北朝鮮- (2015)

2017年1月21日公開 110分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

ロシアの撮影隊が危険を顧みずカメラに収めた、北朝鮮政府が全てをコントロールする庶民の日常生活に肉迫したドキュメンタリー。個人の自由が制限されている独裁国家で生活する人々の真実の姿を、カメラが映し出す。監督と脚本を手掛けるのは、『ダライ・ラマ:サンライズ/サンセット』などのヴィタリー・マンスキー。何もかもが国家によって管理されている北朝鮮の実情に驚かされる。

あらすじ

北朝鮮の平壌で生活している模範労働者の父母を持つ8歳のリ・ジンミさんは、故・金日成主席の生誕記念「太陽節」でお披露目する舞踊の準備に集中していた。国を挙げてのイベントで舞台に立つ娘を持つ両親は、仲間たちから称えられる。だが、実際の彼らの姿は理想の家族からはほど遠く、北朝鮮サイドの監督は撮影中一家に何度もダメ出しを繰り返し……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
3.7

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
UNDER THE SUN
製作国
チェコ/ロシア/ドイツ/ラトビア、北朝鮮
配給
  • ハーク
製作会社
  • Vertov Studio
  • Saxonia Entertainment
  • Hypermarket Film
カラー
(シネマート新宿ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]