シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
光
(C) 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS / KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年5月27日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
製作:
『光』製作委員会
制作プロダクション:
組画
制作協力:
カズモ
配給:
キノフィルムズ / 木下グループ
カラー

見どころ:第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング作品に選ばれた『あん』の河瀬直美監督と永瀬正敏が、再び組んだ人間ドラマ。永瀬演じる弱視のカメラマンと、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性が、それぞれに光を求めて葛藤しながら心を通わせていくさまを描く。ヒロインには『ユダ』などの水崎綾女。『駆込み女と駆出し男』などの神野三鈴、『東京ウィンドオーケストラ』などの小市慢太郎、『許されざる者』などの藤竜也らが出演する。

あらすじ:視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作している美佐子(水崎綾女)は、仕事を通じて弱視のカメラマン雅哉(永瀬正敏)と出会う。雅哉の素っ気ない態度にイライラする美佐子だったが、彼が撮影した夕日の写真に衝撃を受ける。やがて症状が悪化し、視力を失いゆく雅哉を間近で見つめるうちに、美佐子は……。

光
(C) 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS / KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

映画短評

  • くれい響
    水崎綾女、ついに化ける。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    視力を失うカメラマンという設定はありがちだが、その相手に映画の音声ガイド作成者を持ってくる着眼点は、さすがの一言。それに加えて、スチールカメラマンの百々新が捉える情景は興味深く、エリック・ロメールばりなラストはかなりの力技で持っていく。前作『あん』の直球さには戸惑いを覚えたものだが、今回はやや復活した河瀬節が評価の分かれどころ。ガチでパルムドール狙ったか、『ピアノレッスン』を意識したような楽曲が邪魔してしまった感も否定できない。個人的には『俺たちに明日はないッス』のヒロイン3人が10年の月日を経て、揃いも揃って、いい女優になったことが、感慨深かったりする。

  • なかざわひでゆき
    光をキーワードにコミュニケーションの本質を探る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     失われ行く視力に心を閉ざしかけた天才カメラマンと、映画を言葉で伝えることの難しさに悩む音声ガイド作成者の女性。それぞれが暗い闇で迷い苦しみながらも、お互いの中にささやかな希望の“光”を見出す。
     暗がりのスクリーンに映画を映し出す光、日々の生活を明るく照らす光、人生を導いていく光。多義的な“光”という言葉をキーワードに、人と人が理解しあうこと、引いては映画で何かを伝達すること、すなわちコミュニケーションというものの本質を、眩くも繊細な筆致で丹念に模索していく。
     じわじわと胸に滲みこむ映画。ただ、以前の河?作品に見られた厳しさが影を潜め、いささか感傷的に過ぎるという印象も否めない。

  • 森 直人
    レビューを書く手も震えるよ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    河瀬監督の中でも特別な傑作になったのでは。映画の音声ガイド、という起点から真摯に重ねられる思考。「視覚」を主題に置くと映画は自動的にメタ化する(=映画論として語れる)が、そのお約束に安住しないのが凄い。映画や世界の大きさに、それでも「言葉」で食らいつくにはどうしたらいいのか? この難問を巡り水崎綾女が一本の映画としつこく格闘する事で肉迫していく過程に胸打たれた。何よりこういう批評を書く行為が試されてしまう!

    男女の出会いの形なども含めて石井裕也の『映画 夜空~』と比較すると面白い。加えてここにはアーティスティックな問題がある。「これは俺の心臓なんだ」とカメラを抱える永瀬正敏はもう圧巻!

  • 平沢 薫
    映画も一種の光だ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     まさに光の映画。さまざまな密度と硬度の光が、描かれていく。曇天に満ちる鈍い光。部屋に差し込む陽光のプリズム。夜の街灯の弱い光。降り注ぐ激烈な夕陽。その光の多彩な味わいをカメラが映し出す。
     そして映画もまた透過光という一種の光であり、本作は映画というものについての映画でもある。ヒロインの仕事は、視覚障碍者のために映画で起きていることを言葉で説明する「音声ガイド」の作成。その試体験をする視覚障碍者は"自分たちはスクリーンを見ることはないが、映画の中に入り込んでそれを体験する"と発言する。そのパラドックス。本作は、スクリーンを見るとはどういうことなのかという問いをまっすぐ突きつけてくる。

予告編・動画

河瀬直美監督×永瀬正敏主演!映画『光』予告編
斎藤工&板谷由夏が『LOGAN/ローガン』など5月下旬~6月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
映画『光』特報映像

» 『光』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『光』ポスター
    ポスター
  • 映画『光』チラシ
    チラシ
  • 映画『光』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『光』写真型ましかくメモ帳
    写真型ましかくメモ帳

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
製作統括: 木下直哉
プロデューサー: 澤田正道 / 武部由実子
撮影: 百々新
照明: 太田康裕
録音・サウンドデザイナー: ロマン・ディムニー
美術: 塩川節子
サウンドミキサー: Olivier Goinard
スタイリスト: 渡部祥子
ヘアメイク: 南辻光宏
ラインプロデューサー: 齋藤寛朗
制作担当: 越智喜明
助監督: 近藤有希

キャスト

中森雅哉:
尾崎美佐子:
智子/時江:
明俊:
早織:
千夏:
山田:
康子:
北林監督/重三:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『光』の映画ニュース

  • 今年俳優デビューが公表され、すでに3本の映画に出演しさっそうと銀幕に現れた新星・寛一郎。俳優・佐藤浩市を父に持つ彼にとって「俳優」という職業はずっと否定し続けてい...るようになってしまったそうだが、その時の光景は今も彼の目に焼き付いている。「『本番...
  • 元THE BOOM・宮沢和史の長男として知られ、現在雑誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の宮沢氷魚(みやざわ・ひお)が、10月にスタートするドラマ「コウノドリ」(...「今回が僕にとって初のドラマ出演。とても光栄で、大きなチャンスをいただいたことを日...
  • 乃木坂46のメンバーが出演する映画『あさひなぐ』初日舞台あいさつが22日に都内で行われ、メンバーがサプライズ演出に歓喜の涙を流した。この日は、西野七瀬、桜井玲香、松...しゃる作品なので、やらせていただけるのは光栄なことと思いながら、プレッシャーも感じ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「光」 from 元・副会長のCinema Days (2017年6月10日 6時39分)
    河瀬直美監督は、新たな“鉱脈”を見つけたのかもしれない。前作「あん」(2015年)は観ていないが、概要をチェックすると、一頃の同監督の作品群のような浮き世離れしたモチーフを多用して自己満足の世界に逃げ込むような作りではないことは分かる。この映画も同様... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「光」:美しさと情感と from 大江戸時夫の東京温度 (2017年6月5日 0時21分)
    映画『光』のシンプルなタイトルは強いですね。よくこんなタイトルが手つかずで残って ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『光』(河瀬直美監督作)評価と感想/祝・カンヌ映画祭エキュメニカル審査員賞 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年6月2日 22時52分)
    百聞は一見に如かず、なのに会話が成立しない映画 ☆2.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ 光映画『光』の作品情報:第68回カンヌ国際映画祭ある視点部門オープニング作品に選ばれた『あん』の河瀬直美監督と永瀬正敏が、再び組んだ人間ドラマ。永瀬演じる弱視のカメラマンと、視覚障害者向けに映画の音声ガイドを制作する女性が、それぞれに光を求めて葛藤しながら心を通わせていくさまを描く。www.cinematoday.jp 光 |映画情報のぴあ映画生活『光』は2017年の日本映画。★★★★☆&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年5月29日 18時15分)
    公式サイト。河瀬直美監督。永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘、大西信満、堀内正美、白川和子、藤竜也。(声)樹木希林。「あん」に続く、河瀬直美、永 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月22日の週の公開作品
  3. 『光』