シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
アウトレイジ 最終章
(C) 2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年10月7日
上映時間:
製作:
バンダイビジュアル / テレビ東京 / 東北新社
配給・製作:
ワーナー・ブラザース映画 / オフィス北野
カラー/シネマスコープ

見どころ:北野武監督が裏社会にうごめく男たちの仁義なき戦いをあぶり出し、ヒットを飛ばした『アウトレイジ』シリーズの完結編。今作は前回の壮絶な権力抗争の後日譚(たん)となり、底なし沼のような戦いに身を投じる男たちの悲哀を描く。前作同様ビートたけし、西田敏行、塩見三省、光石研らが豪華共演。最後の花道を飾るにふさわしい迫力に圧倒される。

あらすじ:関東の山王会と関西の花菱会の間で起きたし烈な権力闘争の後、大友(ビートたけし)は韓国に拠点を移す。彼は日本と韓国の裏社会で暗躍する実力者張会長(金田時男)の下にいたが、ある時、韓国に出張中の花菱会の花田(ピエール瀧)が騒ぎを起こし、張会長の部下を殺害してしまう。この事件を発端に、張会長と花菱会の関係は険悪になり……。

アウトレイジ 最終章
(C) 2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    裏社会の浅ましき権力争いは、さながら日本の政治の写し鏡
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     殺伐とした非情な現代ヤクザ社会の抗争劇を、徹底したバイオレンスで描く人気シリーズだが、今回の最終章では全編にドライなユーモアと詩情性も貫かれており、『ソナチネ』をはじめとする往時の北野作品を彷彿とさせる。そういう意味では、前2作よりもマイルドになった印象だ。
     騙し騙され、裏切り裏切られ、義理も人情も信条もない裏社会の権力争いは、まるで現代日本の政界さながらの浅ましさ。そこには5年ぶりのシリーズ復活に込めた意図も垣間見える。とりあえずストーリー自体は比較的単純明快だが、多岐に渡る複雑な人間関係を理解するうえで過去作のおさらいは必要であろう。

  • 清水 節
    かつての北野映画の虚無感が漂う、悲哀に満ちたアナログなあがき
    ★★★★
    »読む«閉じる

     過去2作の組織抗争映画とは趣が異なる。冷ややかな現代社会における駆け引きと裏切りの連鎖の果て、滑稽かつ陰惨な“殺し方大図鑑”と化したシリーズ。その最終作は、たけし扮する大友個人の内面に端を発し、冒頭から死臭が立ち込めている。かつての北野映画の虚無感だ。もはや絶滅した「義」や「情」のようなものを行動原理に仄かに感じさせるが、これみよがしに主張はしない。核にあるのは、日韓裏社会の大物フィクサー(金田時男)との関係性。クライマックスの銃撃戦は、こんな醜悪な世の中では、もはや取り戻すことなど不可能なものにこだわり、組織の論理を破壊し尽くそうとするアナログな個人のあがきとして、悲哀に満ちている。

  • くれい響
    とにかくピエール瀧が美味しい!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    明暗分かれた関東「山王会」と関西「花菱会」に、暗躍する韓国の張グループが絡む。前2作で一匹狼的だった大友が、常に手下の市川と行動を共にする姿に、どこか違和感もあるが、そのぶん大森南朋とのバディ感を楽しめば、問題なし。主要キャスト3人の聞き取れないセリフも、リアルさが引き立つ効果になっているが、全体的にコメディ寄りであり、そこを一手に引き受ける変態ヤクザ役のピエール瀧が儲け役だ。『ソナチネ』な展開も含め、正真正銘の北野映画だが、派手なクライマックスもありながら、「まとめました」感が強く、新キャラで大杉連や岸部一徳が出てきても、今さら感は否めない。結果、ファンとしてはモヤモヤが残る仕上がりに。

予告編・動画

【動画】映画『アウトレイジ 最終章』予告編
北野武監督作品がブルーレイ化! 『アウトレイジ最終章』公開記念特別映像
3分て?わかる「アウトレイシ?」シリース?タ?イシ?ェスト
斎藤工&板谷由夏が『アウトレイジ 最終章』など10月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『アウトレイジ 最終章』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『アウトレイジ 最終章』ポスター
    ポスター
  • 映画『アウトレイジ 最終章』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『アウトレイジ 最終章』なりきりトイサングラス
    なりきりトイサングラス

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集:
音楽: 鈴木慶一
撮影: 柳島克己
照明: 高屋齋
美術: 磯田典宏
録音: 久連石由文
編集: 太田義則
キャスティング: 吉川威史
助監督: 稲葉博文
衣装: 黒澤和子
装飾: 尾関龍生
メイク: 本田真理子
記録: 吉田久美子
音響効果: 柴崎憲治
製作担当: 齋藤悠二
プロデューサー: 森昌行 / 吉田多喜男
ラインプロデューサー: 小宮慎二
アソシエイトプロデューサー: 川城和実 / 太田哲夫 / 高橋雅美 / 二宮清隆

キャスト

西野:
市川:
花田:
繁田:
野村:
中田:
李:
白山:
五味:
丸山:
吉岡:
崔:
張:
平山:
森島:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アウトレイジ 最終章』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「アウトレイジ 最終章」 from 元・副会長のCinema Days (2017年10月23日 19時26分)
    期待していなかったが、実際に観た印象も予想通りの“中の下”のレベルだ。もっとも、前2作も観ているので、惰性でスクリーンに対峙したというのが実情である(苦笑)。ただ、この監督独特の作劇のリズムは健在なので、観ている間はさほど退屈はしなかったのはまあ良か... ...[外部サイトの続きを読む]
  • アウトレイジ 最終章 評価と感想/今までの北野映画で一番重みを感じられず from eigamanzaiの映画レビュー (2017年10月10日 23時37分)
    テーマは老いなのか?何となく寂しくもあり ☆3.5点 2010年の『アウトレイジ』と2012年の『アウトレイジ ビヨンド』で暴力団同士の抗争を描いた同名シリーズの最終作で監督は北野武 主演は3作共通してビートたけし、共演は前作に引き続き西田敏行と塩見三省 予告編 映画『アウトレイジ 最終章』本予告【HD】2017年10月7日公開全員悪人 全員暴走 《関東【山王会】 vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長(金田時男)の下にいた。そんな折、取引の&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り from 大江戸時夫の東京温度 (2017年10月9日 0時12分)
    映画『アウトレイジ 最終章』は、1、2同様に面白いのですが、一方でやや物足りなく ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月2日の週の公開作品
  3. 『アウトレイジ 最終章』