シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ラビング 愛という名前のふたり

公式サイト:http://gaga.ne.jp/loving
ラビング 愛という名前のふたり
(C) 2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
英題:
LOVING
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年3月3日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
レインドッグフィルム / ビッグビーチプロダクション
カラー

見どころ:異人種間における結婚を禁止した法律が変わるきっかけとなった夫妻の実話を基にした純愛ストーリー。アメリカで当時違法の州もあった異人種間結婚によって逮捕された二人が、故郷で家族と暮らすため理不尽な法律に立ち向かう。夫妻に、『ブラック・スキャンダル』などのジョエル・エドガートンと『プルートで朝食を』などのルース・ネッガがふんする。二人の実話に心を打たれたというオスカー俳優コリン・ファースが製作に参加し、『MUD マッド』などのジェフ・ニコルズがメガホンを取る。

あらすじ:1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人の黒人女性ミルドレッド(ルース・ネッガ)の妊娠をきっかけに結婚を申し込むが、当時バージニア州では異人種間の結婚は違法とされていた。二人は法律で許されるワシントンD.C.で結婚し、地元で新婚生活をスタートさせるが、突然夜中に保安官が現れ逮捕されてしまう。彼らは離婚するか生まれ故郷を捨てるかという耐え難い選択を迫られ……。

ラビング 愛という名前のふたり
(C) 2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 森 直人
    こんな白人男の「男気」もある
    ★★★★
    »読む«閉じる

    最良の新古典派、ジェフ・ニコルズ監督の語りは本当に味わい深い。終末系スリラーの『テイク・シェルター』にしろ、マーク・トウェイン的な少年の冒険譚『MUD』にしろ、アメリカ映画の定型をありふれた普通の人々、市井の視座から捉え直し、極めて繊細な肌触りを見せる。法廷劇に展開する今回も然り。

    実話を基にした、ある種のロミオとジュリエット。ブルーカラー男の純情を体現するジョエル・エドガートンの佇まい、特に「顔」が素晴らしい。彼は保守的な地域で生まれ育ったノンポリの白人男なのだが、ごく自然に恋をし、人種融和の道に踏み出す。ここは逆偏見的なリベラルの図式からはみ出す、とても重要なポイントだと思う。

  • なかざわひでゆき
    ただ純粋に夫婦でいたかった男女のラブストーリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     公民権運動がまだ産声をあげたばかりの時代、異人種間の結婚を禁じた州法によって幾度も理不尽な目に遭いつつ、やがて国を動かすまでに至った実在の夫婦の深い愛情と固い絆を描く。
     世界中で差別と不寛容の蔓延する今だからこそ語られるべき物語ではあるが、しかし決して声高にメッセージを叫ぶことなく、過剰にドラマティックな演出を施すこともなく、主人公夫婦を必要以上に英雄視することもなく、ただ純粋に夫婦でいたかった男女のラブストーリーとして仕上げているところが好感を持てる。
     不器用で寡黙なジョエル・エドガートン、奥ゆかしさの中に情熱を秘めたルース・ネッガ、どちらも文句なしの好演。じわじわと心に滲みる映画だ。

予告編・動画

肌の色なんて関係ない!映画『ラビング 愛という名前のふたり』予告編
斎藤工&板谷由夏が『モアナと伝説の海』など3月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
アカデミー賞主演女優賞ノミネート!映画『ラビング 愛という名前のふたり』特別映像

» 『ラビング 愛という名前のふたり』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ラビング 愛という名前のふたり』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラビング 愛という名前のふたり』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラビング 愛という名前のふたり』チラシ
    チラシ

キャスト

ミルドレッド:
ブルックス保安官:
バーナード・コーエン:
ガーネット:
レイモンド:
フィリップ・ハーシュコプ:
グレイ・ビレット:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ラビング 愛という名前のふたり』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラビング 愛という名前のふたり」:物静かに語る from 大江戸時夫の東京温度 (2017年3月26日 22時31分)
    映画『ラビング 愛という名前のふたり』は、異人種間の結婚を禁じる法律があった時期 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ラビング 愛という名前のふたり Loving 人種の多様性を基本としてきたアメリカの揺らぎがある今、こういう映画が封切られるのは非常に意義がある。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年3月5日 21時4分)
    ド派手な「ラ・ラ・ランド」とは対極。 だが両方とも主演女優がアカデミー賞候補で、結果はデカ目のストーンがオスカーを獲得(笑) こちらの主演女優 ルース・ネッガ (写真:左)の演技は劇渋い。 寡黙な夫は白人、彼女は黒人。 彼らが生きていたバージニア州の当時1958年、まだ異人種間の結婚が禁じられていた。 このため、妊娠を機に合法に結婚できるワシントンで式を挙げるが、戻ったところで逮捕! そこから2人の苦闘が始まる... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ラビング 愛という名前のふたり from 映画のメモ帳+α (2017年3月4日 9時52分)
    ラビング 愛という名前のふたり (2016 アメリカ) 原題   LOVING 監督   ジェフ・ニコルズ 脚本   ジェフ・ニコルズ 撮影   アダム・ストーン 音楽   デヴィッド・ウィンゴ 出演   ジョエル・エドガートン ルース・ネッガ      マートン・ソーカス ニック・クロール テリー・アブニー      アラーノ・ミラー ジョン・ベース マイケル・シャノン 第89回(2016年)アカデミー賞主演女優賞(ルース・ネッガ)ノミネート ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年2月27日の週の公開作品
  3. 『ラビング 愛という名前のふたり』