シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
英題:
WAR FOR THE PLANET OF THE APES
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年10月13日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
VFX:
WETAデジタル
カラー

見どころ:『猿の惑星』の前日譚(たん)を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の続編となるSF大作。猿と人類が地球の支配者を決する戦いの一方で、自らの種族を守るべく行動する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤も映す。シーザーは、前2作に続きアンディ・サーキスが演じる。共演は、ジュディ・グリアとウディ・ハレルソンら。監督は前作と同じくマット・リーヴスが務める。

あらすじ:猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー(アンディ・サーキス)が率いる猿の群れは、森の奥深くのとりでに姿を隠していた。ある日、奇襲によってシーザーの妻と息子の命が奪われる。シーザーは人類の軍隊のリーダーである大佐(ウディ・ハレルソン)に復讐するため、オランウータンのモーリス(カリン・コノヴァル)らと共に旅立つ。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画短評

  • 清水 節
    愚かな人間を突き放し、猿に未来を託すアイロニカルな神話
    ★★★★
    »読む«閉じる

     旧約聖書や数々の戦争映画の記憶をちりばめ、猿と人間の戦いを描く三部作は、現代の映し鏡だ。ウディ・ハレルソン扮する大佐に集約されるのは、対話なき圧力であり、力にのみ訴えるプリミティブな本能。猿の統率者シーザーに象徴されるのは、知性と“人間性”。VFXであることも忘れ、猿の自然な演技には見入るばかり。少女ノヴァの存在が、原点への繋がる構成が心憎い。1968年に始まるオリジナル版では、全面核戦争で滅ぶ人類を嘆き、猿の台頭を恐れたが、2010年に始まるこの三部作は一転、軽やかな活劇から徐々に重厚感を増し、愚かな人間を突き放して諦観し、猿の可能性に世界の未来を託すアイロニカルな神話となった。

  • なかざわひでゆき
    オリジナル1作目へと繋がる壮大な戦争叙事詩
    ★★★★
    »読む«閉じる

     いよいよ人類VS類人猿の全面戦争が佳境を迎える、『猿の惑星』リブート版シリーズ第3弾。『戦場にかける橋』や『地獄の黙示録』、『十戒』に『大脱走』などなど、往年の名作映画にインスパイアされつつ、オリジナル・シリーズの根底にも流れていた反戦メッセージを改めて全面に押し出す壮大な戦争叙事詩として仕上げられている。
     さすがにシーザーをモーゼに見立てた「出エジプト記」的プロットはやや陳腐にも思えるが、しかしオリジナル1作目の世界観へと巧みに繋がっていく仕掛けを含め、工夫の凝らされたストーリー展開は見応え十分。次なる第4弾も計画されているらしいが、個人的には潔くここで終止符を打ってもいいと思う。

  • 斉藤 博昭
    悲しみと怒りは、荘厳な美しさに帰結する
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前2作まではアンディ・サーキスがパフォーマンス・キャプチャーで「演じている」という実感がどこかにあった。しかしこの3作目は、彼の幻影は完全に消え、シーザーというキャラクターそのものに強烈に感情移入させる。今作から可能になったロケーションでのキャプチャーなど技術的進化のせいもあるが、何より、冒頭でシーザーに見舞われる悲劇の切実さが胸の奥に深く沈殿し、もはや人間側に同情する余地は皆無になってしまうのだ(そこが少し不満ではあるが…)。
    バッドエイプの絶妙なコメディリリーフ、西部劇・脱獄映画など数々のアクション作品を踏襲する演出に感心しまくり、虚をつかれるほど荘厳で美しいラストの情景に耽溺した。

  • 山縣みどり
    これは、エイプ版の出エジプト記!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前作で「猿は猿を殺さない」掟を破って葛藤するシーザーをさらなる悲劇が襲い、自殺行為とも思える戦いへと向かう。共存はありえない状況で仲間のために命をかけるシーザーの揺れる心模様がドラマティックだ。捕虜虐待の様子が『戦場にかける橋』やユダヤ人収容所を彷彿させ、人類の残虐性や差別意識に悲しくなる。そんな人類にNOを突きつけるシーザーはエイプ界のモーゼであり、これは彼らの出エジプト記なのだ。演じるアンディ・サーキスが素晴らしく、アカデミー協会には早くモーションキャプチャー部門をもうけてほしいもの。シーザーの次男コーネリアスや孤児ノヴァが登場し、1968年製作の『猿の惑星』へとつながるあたりにニヤリ。

  • くれい響
    確かに有終の美だが、あまりにシブすぎる。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    愛する妻と子を人間に殺害されたシーザーの苦悩と葛藤を通し、すべてが『1968年版』に繋がる「新シリーズ最終章」。それだけに、アンディ・サーキスの熱演は尋常じゃなく、モーションキャプチャー技術とともにエラいことに! さらに、イーストウッドの『アウトロー』を意識したロードムービーであり、待ち受けるのは『地獄の黙示録』のカーツ大佐と化したウディ・ハレルソンとのガチバトル。そして、現代アメリカに対する強烈な批判と、とにかくヘヴィの一言。『68年版』のノバの少女時代と思われるキャラを導入するなど、ドラマティックな展開も用意されているが、『猿の惑星: 創世記』支持派からすれば、あまりにシブすぎる感もある。

  • 猿渡 由紀
    これぞ、理想のハリウッド映画!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    金ばっかり使ったつまらないハリウッド映画には、誰だってしょっちゅううんざりさせられている。だが、それらのお金をストーリーに最も有効な形で使い、ほかの国では絶対実現できない映画にしてみせる例も、たまにある。この三部作は、まさにそれ。 1作目では、人間レベルの知能を持って生まれた猿のシーザーの葛藤にどっぷりと引き込まれた。2作目で、シーザーは、人間の愛を知っている彼ならば選ばなかった戦いを、受け入れざるを得なくなる。この完結作は、これまで同様、胸が痛くなるのだが、新しく登場する猿が笑いを提供してもくれる。 「猿の惑星」というタイトルをあらためて意義づけもする、すばらしい作品。

  • 平沢 薫
    猿が人間を支配する世界ができた理由に納得がいく
    ★★★★
    »読む«閉じる

     '68年製作のシリーズ第1作「猿の惑星」を見て疑問に思ったことの数々が、とてもクリアに解明されていく。なぜ猿が人間を支配する世界ができたのか、なぜ人間の社会は滅び、猿の社会は発達することができたのか。2つの社会の基盤の違いは何だったのか。なぜ人間は言葉を失い、猿は言葉を使うことができるのか。これらの疑問への答が描かれ、その答に納得がいく。そして、その物語の大きさに呼応して壮大な光景が描かれる。
     ちなみに本作と前作「猿の惑星:新世紀」の監督・共同脚本を担当したマット・リーヴスの次回作は、ベン・アフレックが監督するはずだったバットマンの単独映画。この監督がどんなバットマンを描くのか気になる。

予告編・動画

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編
『猿の惑星』新作、シーザーからの警告!
赤ちゃんシーザー誕生から蜂起までを復習!『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』特別映像

» 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

ポスター/チラシ

  • 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスター
    ポスター
  • 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』ポスター
    ポスター
  • 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
キャラクタークリエイト: リック・ジャッファ / アマンダ・シルヴァー
プロダクションデザイナー: ジェームズ・チンランド
VFXスーパーバイザー: ダン・レモン
シニアVFXスーパーバイザー: ジョー・レッテリ
共同制作・VFXプロデューサー: ライアン・スタッフォード
衣装デザイナー: メリッサ・ブルーニング

キャスト

バッド・エイプ:
ロケット:
レッド・ドンキー:
プリーチャー:
コーネリア:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の映画ニュース

  • 『ダンケルク』などのトム・ハーディがスパイダーマンの宿敵ヴェノムにふんする新作スピンオフ映画『ヴェノム(仮題)/ Venom』に、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』などの...は話題作にひっぱりだこ。今年公開された『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』に、オスカー候補の『スリー・ビルボード...
  • カラーグレーディング(色補整)、編集、音響、視覚効果を表彰する第12回ハリウッド・プロフェッショナル・アソシエーション(HPA)(旧ハリウッド・ポスト・アライアンス)...ンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が受賞を果たした。 同賞は2016年9月から...
  • ベン・アフレックに代わって次なるバットマン役を務めるのは、映画『ナイトクローラー』や『ブロークバック・マウンテン』などのジェイク・ギレンホールなのではないかとい...とが決まっているマット・リーヴス監督(『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』)が主演をジェイクに務めてほしがってい...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)」:風格のある重い悲劇 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年10月22日 23時32分)
    映画『猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)』は、新シリーズというかリブートという ...[外部サイトの続きを読む]
  • 猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー/WAR FOR THE PLANET OF THE APES from 我想一個人映画美的女人blog (2017年10月20日 0時19分)
    2011年の「猿の惑星 創世記 ジェネシス」、 2014年「猿の惑星 新世紀 ライジング」、そして本作「猿の惑星 聖戦紀 グレート・ウォー」 ということで、今回で完結の最終章らしい。 オリジナル版シリーズ5作品として 猿の惑星(1968) 続・猿の惑星(1970) 新・猿の惑星(1971) 猿の惑星・征服(1972) 最後の猿の惑星(1973) リプート版の1作目「猿の惑星 創世記」 エイプのリーダー、シーザーがどのように生まれ育ったのか、エイプたちがどうやって知能. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)】3部作最後は盛り上がりに欠ける? from 元ボクサーの一念発起 (2017年10月16日 16時51分)
    猿の惑星3部作ついに完結! 名作SF映画「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に続くSF・アクション:シリーズ第3弾! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!シリーズもついに終焉か・・ 作品情報 原題:WAR FOR THE PLANET OF THE APES 洋画:SF・アクション 製作年:2017年 製作国:アメリカ 日本公開:2017年10月13日 上映時間:140分 公式サイト あらすじ 猿と&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes from 勝手に映画評 (2017年10月14日 17時31分)
    リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。 シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タイトルに“聖戦”と入っているのがわかる気がします。まさに“グレート・ウォー”です。 後の・... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月9日の週の公開作品
  3. 『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』