シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

マンチェスター・バイ・ザ・シー

公式サイト:http://manchesterbythesea.jp/
マンチェスター・バイ・ザ・シー
(C) 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
英題:
MANCHESTER BY THE SEA
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年5月13日
(シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド / パルコ
製作会社:
K Period Media / Pearl Street Films / The Media Farm / The A / Middleton Project / B Story
カラー

見どころ:マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。メガホンを取るのは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などの脚本を担当してきたケネス・ロナーガン。共演には『ブルーバレンタイン』などのミシェル・ウィリアムズ、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などのカイル・チャンドラーらが名を連ねる。

あらすじ:ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

マンチェスター・バイ・ザ・シー
(C) 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 山縣みどり
    ケネス・ロナーガン監督の人間洞察力に心揺さぶられた
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    悲しみで心と人生が壊れた男が再生するまで、と一言でサマライズできる物語。でも描かれるのは登場人物のさまざまな感情の波で、まさに“シンプルなのに複雑”という心にしみる人間ドラマだ。キャラクター設定、台詞、物語のトーンがどれも素晴らしく、すべてはケネス・ロナーガン監督の人間洞察力によるもの。人間とは些細な感情の集合体なのだなと思った。演技も文句なし! オスカー受賞したケイシー・アフレックが内心に渦巻く悲しみのせいで無感情になった主人公をニュアンスたっぷりに快演。でも私の心を打ったはミシェル・ウィリアムズで、登場時間が短いけれど感情を露吐する場面では嗚咽をこらえるのが大変でした。

  • 猿渡 由紀
    繊細でリアル。じっくり、しっかり堪能すべき作品
    ★★★★
    »読む«閉じる

    暗く、重たい映画。話の途中で、主人公リー(ケイシー・アフレック)がどうしてあんなに孤独で心を閉ざしているのかが明らかになると、なおさら暗さが増す。ドラマチックすぎる出来事や演出はなく、普通の人たちの日常が、あくまでリアルに淡々と描かれていくのだが、それでも引っ張っていけるのは、まさに脚本と役者の力。アフレックの演技も、非常に微妙なニュアンスに満ちている。今年のオスカー主演男優部門は、ドラマチックな見せ場に満ちた「Fences」のデンゼル・ワシントンとアフレックの二者争いだったが、勝ったのはアフレックだった。そういった細かい部分こそ今作の強み。ぜひ映画館でじっくりと堪能していただきたい。

  • 平沢 薫
    寒いが明るい風景が主人公の心に重なって見えてくる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     透き通った白に近い水色の空と海、そこに点在するオレンジ色。この大気の冷たさと光の透明さに溢れる色彩が、常に物語の背景にある。寒いが静かで、光は弱いが満ちている。そんな情景が、物語が進むにつれて主人公の心の状態と重なって見えて来る。
     加えて、脚本家出身の監督ケネス・ロナーガン自身による脚本が巧み。まず、主要登場人物たちが最も激しく言葉をやり取りしたに違いない場面を、あえてスクリーン上では描かない。さらに、登場人物たちはみな、自分の心情をそのまま語ることがない。それなのに、彼らが語る少ない言葉で、その裏にある思いだけでなく、彼らがかつて思っただろうことまで推測させるのだ。

  • 清水 節
    傷ついた心に寄り添い、甦る力を信じて待つ、数年に1本の傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人には還りたくない場所がある。戻りたくない人生の地点がある。忘れたい過去に別れを告げ、壊れた心を修復し再生させるのが、多くの「物語」の役目だろう。しかしこの映画は、まやかしの感動に背を向ける。痛みは、たやすく癒されるものではないという残酷な事実に誠実だ。偽善的に鼓舞しないどころか、運命がその地点に連れ戻し、過去を引きずったまま生きる痛ましい姿を、じっと見守る。悠然と流れる時間と変わらぬ風景の中で、そっと寄り添い、ただ回復を信じて待つ映画だ。今年のアカデミー賞脚本賞&主演男優賞を受賞した本作は、現実から目を背けずに人が甦生する可能性を静かに描き出し、生きる力を与えてくれる。

予告編・動画

アカデミー主演男優賞受賞『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編
ケイシー・アフレック主演!映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』特報
アカデミー主演男優賞 最有力!ケイシー・アフレック主演『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ケイシー・アフレック&ケネス・ロナーガン監督インタビュー
斎藤工&板谷由夏が『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など5月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』ポスター
    ポスター
  • 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』チラシ
    チラシ
  • 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』チラシ
    チラシ

キャスト

リー・チャンドラー:
ジョー・チャンドラー:
パトリック:
シルヴィー:
ジョージ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の映画ニュース

  • 日本でも大旋風を巻き起こしたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングとデイミアン・チャゼル監督が再びタッグを組む新作映画『ファースト・マン(原題...そして今回、新たなキャストが明らかに。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などのカイル・チャンドラーがNASA飛行士...
  • 現地時間1日から4日まで開催されたサンダンス・ロンドンでデヴィッド・ロウリー監督がトークイベントを行い、ケイシー・アフレックとルーニー・マーラ共演の新作『ア・ゴー...りすぐりをロンドンでお披露目するもの。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたケイシ...
  • ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題) / Godzilla: King of Monsters』に、中国人女優のチャン・ツィイーが新たにキ...ブレイクしたミリー・ボビー・ブラウン、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のカイル・チャンドラー、『死霊館』のヴ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」:心に染み入る傑作 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年6月12日 22時31分)
    映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、1970~80年代前半の映画のような雰 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』評価と感想/僕のダメな叔父さん from eigamanzaiの映画レビュー (2017年6月10日 15時47分)
    乗り越えられない痛みだってある ☆5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ マンチェスター・バイ・ザ・シー映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の作品情報:マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える過去のトラウマと向き合う姿が描かれる。www.cinematoday.jp マンチェスター・バイ・ザ・シー |映画情報のぴあ映画生活&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 from 元・副会長のCinema Days (2017年5月29日 6時26分)
    (原題:MANCHESTER BY THE SEA )全然面白くない。何より、感情移入出来るキャラクターが皆無であるのが痛い。加えて、ストーリーも演出も実に低レベル。映画自体がさっぱり盛り上がらず、観ている間は眠気との戦いに終始した。第89回アカデミー賞では2冠に輝いて... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー/MANCHESTER BY THE SEA from 我想一個人映画美的女人blog (2017年5月27日 23時30分)
    泣くつもりなんてなかったんだけど 今年のアカデミー賞にて、作品賞ノミネート ケイシー・アフレックが主演男優賞と、脚本賞で受賞 ある悲劇をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに背を向けて生きてきた孤独な男が、 兄の突然の死で帰郷を余儀な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マンチェスター・バイ・ザ・シー from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年5月25日 22時8分)
    公式サイト。原題:Manchester by the Sea。ケネス・ロナーガン監督。ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、グレッチェン・モル、カ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月8日の週の公開作品
  3. 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』