シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
僕とカミンスキーの旅
(C) 2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA
英題:
ME AND KAMINSKI
製作年:
2015年
製作国:
ドイツ/ベルギー
日本公開:
2017年4月29日
(YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
後援:
ドイツ連邦共和国大使館
製作会社:
Xフィルム・クリエイティブ・プール
アメリカンビスタサイズ/カラー/5.1ch

見どころ:『グッバイ、レーニン!』のヴォルフガング・ベッカー監督とダニエル・ブリュールが再び組み、ダニエル・ケールマンの小説を映画化したロードムービー。ヨーロッパを舞台に、美術評論家の青年と老画家が行く先々でトラブルを巻き起こす様子を活写する。有名な画家を『007』シリーズなどのイェスパー・クリステンセンが好演。魅力的な登場人物による型破りな旅の行方に注目。

あらすじ:金と欲に目がくらんだ無名の美術評論家ゼバスティアン(ダニエル・ブリュール)は、芸術家の伝記を書くことを決意する。彼は早速スイスの奥地でひっそりと暮らす伝説の盲目の画家カミンスキー(イェスパー・クリステンセン)を訪問する。ゼバスティアンは高齢のカミンスキーを家から連れ出すことに成功するものの……。

僕とカミンスキーの旅
(C) 2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA

映画短評

  • 平沢 薫
    美術界のいかがわしさを描くブラック・コメディとしても楽しい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     "盲目の画家"をモチーフに、現代美術界のいかがわしさを描くブラック・コメディとして見てもおもしろい。冒頭の"かつてマティスの弟子でピカソを夢中にした盲目の画家"という人物像を紹介するフェイク・ドキュメンタリー的な映像が楽しい。また、物語の区切りごとに、画面がいろんな画家のタッチ風に変化。エンドクレジットには有名絵画を使ったオマケもあり、絵画を使った仕掛けの数々がみな楽しい。
     基本的には、崖っぷちの自分勝手な若手評論家と、ヘソ曲がりのしたたかな老人画家、どちらもはた迷惑な2人が旅するロードムービー。イヤな奴2人が次第に別の顔を見せていく、ちょっといい話にもなっている。

予告編・動画

ダニエル・ブリュール主演のロードムービー!映画『僕とカミンスキーの旅』予告編

» 『僕とカミンスキーの旅』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013

(C) 2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA

ポスター/チラシ

  • 映画『僕とカミンスキーの旅』ポスター
    ポスター
  • 映画『僕とカミンスキーの旅』チラシ
    チラシ
  • 映画『僕とカミンスキーの旅』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスティング: ズーゼ・マークヴァルト
タイトルデザイン: リュック・ペレーズ
共同プロデューサー: ミヒャエル・シェール
共同プロデューサー(ベルギー): フランツ・エステルハージ

キャスト

ゼバスティアン・ツェルナー:
マヌエル・カミンスキー:
ミリアム・カミンスキー:
カール・ルートヴィヒ:
テレーゼ・レッシング:
ドミニク・シルヴァ:
電車の乗務員:
ゴーロ・モーザー:
ボゴヴィッチ:
双子の作曲家:
ホーホガルト:
オイゲン・マンツ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『僕とカミンスキーの旅』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年4月24日の週の公開作品
  3. 『僕とカミンスキーの旅』