シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ありがとう、トニ・エルドマン
(C) Komplizen Film
英題:
TONI ERDMAN
製作年:
2016年
製作国:
ドイツ/オーストリア
日本公開:
2017年6月24日
(シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
製作会社:
Komplizen Film
カラー

見どころ:第89回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた家族ドラマ。ルーマニアで働く女性と、彼女を心配してドイツから訪ねてきた風変わりな父親との触れ合いを見つめる。メガホンを取るのは『恋愛社会学のススメ』などのマーレン・アデ。テレビドラマ「ヘリ」シリーズや『ヒランクル』などのペーター・ジモニシェック、『ピノキオ』などのザンドラ・ヒュラーらが出演する。ユーモラスなタッチ、父と娘がこれまでの関係を見つめ直す姿に魅せられる。

あらすじ:ルーマニアのブカレストにあるコンサルタント会社勤務の女性イネス。仕事ばかりの忙しい毎日を送っている娘が心配でならない父親のヴィンフリートは、ブカレストを訪れる。悪ふざけが大好きな彼と折り合いの悪い彼女は、やむなく数日間一緒に過ごすことに。やっと父親が帰国してホッと一息つくイネスだったが、トニ・エルドマンという別人に成り切った彼が再びやって来る。父の真意がわからず、イネスは混乱するが……。

ありがとう、トニ・エルドマン
(C) Komplizen Film

映画短評

  • 猿渡 由紀
    しんみりもくれる、かなり変てこな父娘コメディ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     偽物の入れ歯やおならクッションのような低レベルのおふざけが好きな父。キャリアのためならなりふりかまわず、家族はほったらかしの娘。「お前が疎遠にするから代理娘を雇うことにした」などという辛辣なジョークを言ってはみても、心の中で、父は、肩肘張りすぎている娘を心配している。
     彼のハチャメチャ行動には笑わされっぱなし。一方で、映画の冒頭の愛犬の話やラストシーンなどでは、 彼が持つ優しさにしんみりさせられる。そんな魅力的なキャラクターだからこそ、引退していたジャック・ニコルソンもハリウッド版に出演を決めたのだろう。もっとも、この傑作をリメイクする必要はないのだが、それはいつものことか。

  • 山縣みどり
    押し付けなくても伝わるのが本当の愛情では?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    見ている間ずっと、自分の父親がトニでなくてよかったと安堵した。娘イネスに対する主人公の愛情表現が猛烈にうざったく、空回りする姿に哀切も感じる。突拍子も無い行為に走る主人公トニの気持ちには共感できない一方、そんな父親に困惑させられつつも幸せ”について考え始める娘の気持ちはしっかり伝わってくる。演じるザンドラ・ヒュラーのちょっとした仕草や声のトーンで感情を伝える演技が素晴らしい。個人的には愛情の押し付けに「?」となるが、人生の一瞬一瞬を大事にすべしとの監督の直球メッセージは胸に響く。『ラ・ラ・ランド』超えの高評価と喧伝されているが、比較すること自体がこの映画の魂に反してると思います。

予告編・動画

超個性的な父が、祖国を離れて仕事をしている娘に会いに来て…!映画『ありがとう、トニ・エルドマン』予告編
斎藤工&板谷由夏が『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』など6月下旬~7月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ありがとう、トニ・エルドマン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) Komplizen Film

ポスター/チラシ

  • 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ありがとう、トニ・エルドマン』特製ステッカー
    特製ステッカー

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ヴィンフリート/トニ・エルドマン:
イリエスク:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ありがとう、トニ・エルドマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月19日の週の公開作品
  3. 『ありがとう、トニ・エルドマン』