シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ストロングマン
(C) 2015 Faliro House & Haos Film
英題:
CHEVALIER
製作年:
2015年
製作国:
ギリシャ
日本公開:
2017年3月25日
上映時間:
配給:
ファインフィルムズ
製作会社:
Faliro House Productions / Haos Film
カラー

見どころ:『ロブスター』などの脚本家エフティミス・フィリップと、ギリシャのアティナ・ラヒル・ツァンガリ監督が組んだ異色コメディー。海上での休暇を満喫していた男たちが、最高の男を決めるゲームに必死になる姿を皮肉を込めて描写する。『ビフォア・ミッドナイト』などのパノス・コロニスらが出演。男の愚かさを冷静に見つめる視点が見どころ。

あらすじ:中年男性6人組が、エーゲ海でクルージングを満喫していた。彼らは、船がアテネに着くまでの間、最高の男を決める“ストロングマンゲーム”を始める。料理の知識やコレステロール値などの点数を付け合う内容で、最初は単なる暇つぶしのはずだったが、次第にヒートアップし……。

ストロングマン
(C) 2015 Faliro House & Haos Film

映画短評

  • なかざわひでゆき
    他人と比べないと気が済まない男たちの哀しさよ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     マイケル・カコヤニスやテオ・アンゲロプロスなど世界の巨匠を輩出する一方、ニコ・マストラキスの『ハード・アブノーマル』のようにカルトな怪作も存在するギリシャ映画。ヨルゴス・ランティモス監督の前作『ロブスター』もまた奇妙な映画だったが、あれに比べるとこちらの最新作は比較的分かりやすい。
     豪華ボートで暇を持て余したオッサンたちが、男の意地とプライドをかけ、腕力とか勇気とかチンコの大きさとかを競っていく。他人と比べることでしか自己の尊厳を保てない男たちの哀しさよ…といったところか。一昔前の世界的なグリーク・ポップス・ブームにハマった身としては、大物アイドル歌手サキス・ルヴァースの出演は嬉しい驚き。

  • 森 直人
    こりゃ「男」そのものの戯画ですわ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    例えば『愚行録』の苛烈な女性同士のマウンティングに比べると、本作におけるオッサン6人組の“男前ポイントレース”はものすご~く子供じみている。確かに男同士の競争意識ってくだらない見栄や意地の張り合いであることが多い。『最後の晩餐』にしろ『テレクラキャノンボール』にしろ。それが微笑ましい稚気として輝く時もあれば、やっかいなマッチョイズムとして場を抑圧する場合もあるのだろう。

    また、このエーゲ海の船上で繰り広げられる呑気な戦場を、ツァンガリ監督はギリシャ危機の比喩でもあると語っている。現実そっちのけで遊戯にムキになる態度は国を滅ぼす頽廃にもなるという……。そう考えると風刺力はメガトン級だ(笑)。

予告編・動画

誰が一番イイ男か決めるぜっ!映画『ストロングマン』予告編
イイ男を決めるルールは、こんな感じだ!映画『ストロングマン』本編映像

» 『ストロングマン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2015 Faliro House & Haos Film

ポスター/チラシ

  • 映画『ストロングマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ストロングマン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ストロングマン』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ストロングマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月20日の週の公開作品
  3. 『ストロングマン』