シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
スプリット
(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
英題:
SPLIT
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年5月12日
上映時間:
配給:
東宝東和
製作会社:
ブラインディング・エッジ・ピクチャーズ / ブラム・ハウス・プロダクションズ
カラー

見どころ:『シックス・センス』などの鬼才M・ナイト・シャマランが監督、製作、脚本をこなして放つスリラー。女子高校生たちを連れ去った男が、23もの人格を持つ解離性同一性障害者だったという衝撃的な物語を紡ぐ。複雑なキャラクターを見事に演じ分けたのは、『X-MEN』シリーズなどのジェームズ・マカヴォイ。高校生対23の人格による激しい攻防戦に息詰まる。

あらすじ:高校生のケイシー(アニャ・テイラー=ジョイ)は、クラスメートのクレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)の誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)をクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男性(ジェームズ・マカヴォイ)が車に乗り込んでくる。彼に拉致された三人は、密室で目を覚まし……。

スプリット
(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    驚かかせ屋の面目躍如というべき24重人格奇談
    ★★★★
    »読む«閉じる

     シャマランはストーリー作りに関してはやりたい放題の異才。話が破たんしようが、とにかく驚かせる……そんな映画ファンの認識と期待を裏切らない本作。

     24重人格の“ビリー・ミリガン”からヒントを得たであろうストーリーは、24番目の人格の覚醒をミステリーにして突き進み、仰天のクライマックスへ。この男の不気味さをそのままとらえたようなアップ主体の映像に加え、彼に捕まった少女たちのサバイバルもスリルを盛り立てる。

     初期のとあるシャマラン作品と似ている…と思って見ていたら、案の定つながりが。今後のウルトラC的フランチャイズ展開も予測させる、シャマラン・ファンにはたまらない逸品(珍品?)と言えよう。

  • 清水 節
    “破壊不能”なシャマラン・ユニバースの幕開けこそ最大の驚き!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     女子高生たちと共に、観る者はいきなり謎めいた閉塞的な空間に閉じ込められる。犯人が多重人格であることで、この監禁はそれなりの恐怖と不安を醸成させていく。ジェームズ・マカヴォイから多面的な怪演を引き出すシャマラン演出は、人を食ったような手つきだ。未完の大器アニヤ・テイラー=ジョイが怯える、魅惑的な表情と肢体に救われた面が多々ある。それにしてもシャマランは稀代の策士だ。映画としては空虚ながらも、まんまと「完全復活」なる惹句を踊らせることに成功した。24人目の人格の正体など、所詮マクガフィンにすぎない。最後の最後に訪れる“破壊不能”なシャマラン・ユニバースの幕開けこそ、最大のサプライズだ。

  • なかざわひでゆき
    『キャリー』へのオマージュも見え隠れするB級サイコ・ホラー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     M・ナイト・シャマラン監督がいい意味で開き直ってくれたB級サイコ・ホラー。女子高生3人組が拉致監禁されるという導入部こそありがちだが、その犯人が23の人格を持つ解離性同一障害者であることが判明した辺りからエンジンがかかり始め、超人的な24番目の人格の誕生で一気にストーリーは暴走していく。
     心的外傷としての「虐待」をキーワードにしたスーパーナチュラルな要素や、犯人の救いとなりきれない善良だが無力な精神科医を演じるベティ・バックリーなど、『キャリー』へのオマージュも見え隠れする本作。女装まで駆使して多重人格を見事に演じ分けるジェームズ・マカヴォイの、気合入りまくった怪演も大いに見ものだ。

  • 山縣みどり
    シャマラン、『Xメン』シリーズの監督を狙ってる?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    主人公が解離性人格障害でしかも23のパーソナリティを持つのでビリー・ミリガンの話なのかなと思ったら、すっとこどっこいな方向に話が進むあたりがシャマラン流! 演技派ジェイムズ・マカヴォイも実力アピールできるはずがプロフェッサーXと同じスキンヘッズで大失敗。別人格パトリシアが登場した瞬間、プププッ。女装が似合わなすぎるし、あまり演じ分けてないよ。かように些細な部分が粗いと物語にのめり込むのが難しくなるわけで、「おおっ」となるオチへの布石にしては長すぎる。シャマランなりのコミック世界を作っているようだが、もしや『Xメン』シリーズの監督に立候補する気なのかも。メタヒューマンは俺にまかせろ、ってね。

  • くれい響
    シャマランがビリー・ミリガンを描いてみた!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    既視感アリアリな監禁サスペンスとして幕を開けるが、そこはシャマラン映画。“23人の人格を持つ誘拐犯”という『フィルス』以上にブッ飛んだキャラを演じるジェームズ・マカヴォイとの駆け引きに釘付け。そんなヤツが「どの人格のときに、どんな対応すればいいか?」という展開は、コントに近いものを感じるなか、フラッシュバックされる意味深な森のシーンなど、相変わらずマジか、ギャグか分からない微妙なさじ加減に、終始ニヤニヤ。24人目の人格“ビースト”の正体を経て、ラストのサプライズを目の当たりにしたとき、シャマラン好きなら「あんたも好きねぇ」と思うこと必至。じゃあ、新規は…?という、温度差確実な仕上がりです。

  • 猿渡 由紀
    シャマランのキャリアを復活させた低予算B級ホラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「レディ・イン・ザ・ウォーター」以来、落ちる一方だったM・ナイト・シャマランが、今作でついに復活。900万ドルの低予算(とは言え前作『ヴィジット』はそれより低い500万ドルだったのだが)で作られた今作は、全世界で2億7,500万ドルを売り上げ、続編製作も決まった。 密室劇で、キャストは主演のジェームズ・マカヴォイ以外、ほとんど無名。B級ホラーではよく見られることだが、シャマランが 目指したのもそれ。割り切って作られた今作は、怖がらせてもくれるし、笑わせてもくれる。 バカバカしくなる危険に満ちたこの役を引き受けたマカヴォイの勇気にも拍手。

  • 平沢 薫
    スキンヘッドのマカヴォイと目力のヒロイン、俳優2人が強烈!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     いつものようにシャマラン監督らしい謎解きがあちこちに仕掛けられているだけではなく、今回は俳優2人が強烈。
     まず、ジェームズ・マカヴォイ。23の人格を持つ多重人格者の複数の人格に加え、別の人格のふりをする人格まで演じ分ける。しかもスキンヘッドに特殊メイクなしの、演技力のみで表現。その演技に目を奪われる。
     もう一人は、ヒロイン役のアニャ・テイラー=ジョイ。リドリー・スコットの息子ルーク・スコット監督のSF「モーガン プロトタイプL-9」で演じた人口生命体も印象的だったが、本作でも何かを強く見つめる時の目に、何か普通ではない力がある。彼女の出世作「ウィッチ」の7月日本公開も楽しみ。

予告編・動画

M・ナイト・シャマラン×ジェームズ・マカヴォイ!映画『スプリット』予告編
品川庄司、上半身裸で叫ぶ!マカヴォイ大興奮!『スプリット』来日記念イベント
斎藤工&板谷由夏が『マンチェスター・バイ・ザ・シー』など5月中旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
女性に成り切るジェームズ・マカヴォイ!映画『スプリット』本編映像

» 『スプリット』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『スプリット』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・製作・脚本:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『スプリット』の映画ニュース

  • ティーンのファン投票で選ばれるティーン・チョイス・アワード2017のノミネーション第2弾が発表され、悪役賞などにノミネートされた面々が明らかになった。ベストキスや主役...ーレンジャー』 ジェームズ・マカヴォイ 『スプリット』 ハビエル・バルデム 『パイレーツ・オブ...
  • 映画『シン・シティ』シリーズなどの女優ロザリオ・ドーソンが、出演が決まっていた『X-MEN』シリーズのスピンオフ映画『X-メン:ザ・ニュー・ミュータンツ(原題) / X-Men...ちを描いたもの。今回の映画化作品には、『スプリット』のアニヤ・テイラー=ジョイやテレビシリ...
  • 『ジョン・ウィック』の共同監督デヴィッド・リーチと『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンがタッグを組んだスタイリッシュスパイアクション映画『...ロレーンにうっとりさせられる。 共演も『スプリット』のジェームズ・マカヴォイ、『キングスマ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • シャマラン監督復活!クセあり映画好きなら鑑賞すべし!『スプリット』の感想 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2017年5月17日 21時0分)
    恐怖は<スプリット―分裂―>する。今回ご紹介する映画:『スプリット』原題:『SPLIT』製作:2017年アメリカ上映時間:1時間57分オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画『ス ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「スプリット」:シャマランの大イタチ from 大江戸時夫の東京温度 (2017年5月13日 23時41分)
    映画『スプリット』は、「結末は絶対ナイショだよ」(c)M.ナイト・シャマラン な ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『スプリット』評価と感想/ジェームズ・マカヴォイの演技を堪能 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月13日 19時52分)
    登場人物少ないが広がりがあってよい ☆4.5点 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ スプリット映画『スプリット』の作品情報:『シックス・センス』などの鬼才M・ナイト・シャマランが監督、製作、脚本をこなして放つスリラー。女子高校生たちを連れ去った男が、23もの人格を持つ解離性同一性障害者だったという衝撃的な物語を紡ぐ。www.cinematoday.jp スプリット |映画情報のぴあ映画生活『スプリット』は2017年の米映画。★★★★★(90点)『スプリット』に対するみんなの評価やク&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • スプリット/SPLIT (ダニエル・キイスの24人のビリー・ミリガンファンの視点から) from 我想一個人映画美的女人blog (2017年5月13日 13時47分)
    誰ですか、シャマラン復活とか言ったの。 24人のビリーミリガン読んでいない人の方が楽しめる。 マカヴォイファンは一つの人格で数人のキャラを演じるマカヴォイを楽しめる シャマランの過去作「アンブレイカブル」を観ておくといい シャマランが「ぜったいナイ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • スプリット~トラウマの二乗? from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年5月12日 19時55分)
    公式サイト。原題:Split。ジェイソン・ブラム製作、M・ナイト・シャマラン監督。ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリ ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月8日の週の公開作品
  3. 『スプリット』