シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

ノー・エスケープ 自由への国境

ノー・エスケープ 自由への国境
(C) 2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
英題:
DESIERTO
製作年:
2015年
製作国:
メキシコ/フランス
日本公開:
2017年5月5日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース
ビスタサイズ/5.1ch サラウンド

見どころ:『ゼロ・グラビティ』などのアルフォンソ・キュアロンがプロデューサー、息子のホナス・キュアロンが監督を務めたサバイバルスリラー。砂漠の国境地帯を舞台に、メキシコからアメリカへ不法入国を試みる移民たちと、彼らを狙う襲撃者の攻防を描く。主人公を『天国の口、終りの楽園。』などのガエル・ガルシア・ベルナルが演じ、『ウォッチメン』などのジェフリー・ディーン・モーガンらが共演。灼熱(しゃくねつ)の砂漠の絶望的な状況で展開する決死の逃走劇に息をのむ。

あらすじ:メキシコとアメリカの国境地帯で、モイセス(ガエル・ガルシア・ベルナル)と仲間がアメリカに密入国しようと灼熱(しゃくねつ)の砂漠を歩き続けていた。突如何者かに次々と狙撃され、訳もわからぬまま逃げ惑う一行は銃撃だけでなく、摂氏50度の過酷な環境にも苦しめられる。水も武器も逃げ場もない絶望的な状況で、アメリカを目指す彼らの運命は……。

ノー・エスケープ 自由への国境
(C) 2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    武装自警団がうろつくメキシコ国境ではあり得る話
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     砂漠を越えてアメリカへの不法入国を試みるメキシコ移民にスナイパーの銃弾が浴びせられる。ドキュメンタリー『カルテル・ランド』では国境を監視する武装自警団が登場したが、そう考えると全くあり得ない話ではないだろう。
     ことさら社会派的なメッセージを強調した作品ではない。得体の知れない暗殺者に狙われた人々による決死のサバイバルを描いたシンプルなサスペンス。延々と似たような風景の続く環境下で緊張感を持続させるパワフルな演出はなかなかのものだ。
     とはいえ、予定調和なストーリー展開には意外性や新鮮味が乏しい。冒頭にチラリと出てきた保安官を伏線的な隠し玉として絡めてみても良かったように思う。

  • 清水 節
    希望の地を目指す「出メキシコ記」を待ち受ける、恐怖の人間狩り
    ★★★★
    »読む«閉じる

     希望を胸にアメリカへの国境越えを企てるメキシコ不法移民の一団をモチーフに、『ゼロ・グラビティ』の脚本家ホナス・キュアロン監督は、サスペンスフルな純粋活劇に仕上げた。主人公の名はモイセス。つまりモーゼ率いる出エジプト記になぞらえた神話的側面もあるが、地面が割れる奇跡は起こらず、獰猛な猟犬を引き連れライフルで狙い撃ちする白人の“人間狩り”が待っていた。砂漠と岩山が延々と続くだけの、逃げ場なき灼熱の国境における逃走劇。決して社会派映画ではないが、容赦なきバイオレンス描写は、排他性が引き起こす現実を直視させる。ただし、逃げる方向・アングル・距離感という地理的演出に、やや雑な部分があるのは残念だ。

  • 猿渡 由紀
    トランプ時代の今、なおさらタイムリーに感じる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    今作の世界プレミアは2015年9月のトロント映画祭。日本公開まで1年半もかかったわけだが、トランプ時代の今、なおさらタイムリーになったとも言える。業者に率いられ、アメリカへの国境を越えようとするメキシコの不法移民たちを待ち受ける 過酷な状態を描く、バイオレントでリアルなスリラー。不法移民を嫌悪し、政府に頼らず自分の手で始末してやろうとする白人男性を演じるのは、ジェフリー・ディーン・モーガン。 こんな役をあえて受けて見せた勇気に拍手。彼に最後まで追いかけられる主人公を、ホナス・キュアロン監督を昔から知るガエル・ガルシア・ベルナルが演じる。息をつく暇もない強烈な88分を、ぜひ体験してほしい。

  • 森 直人
    メキシコとアメリカの国境、壁はなくともこの男がいる!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「ここはマイ・ホーム(俺の国)だ!」と不法移民たちをライフル&猟犬で狩りまくるカウボーイスタイルの白人男。まさにトランプ時代の暗黒到来を正確に見据えた傑作だ(2015年作品!)。88分の緊迫感は只事ではない。監督はアルフォンソJr.のホナス・キュアロン(81年生)。作劇法としては「砂漠」という広大な密室を「宇宙」でやっていたのが脚本参加の『ゼロ・グラビティ』ってことになる。

    トランプ汁を濃縮したエキセントリックな差別主義者に扮するJ・ディーン・モーガンがマジで怖い。前半は『懲罰大陸USA』を連想し、後半は『眼には眼を』に近づくが、サム・ペキンパーがいま生きていたら撮りそうな一本とも言える。

予告編・動画

彼らの運命はいかに!?映画『ノー・エスケープ 自由への国境』予告編
次々と亡き者に…!映画『ノー・エスケープ 自由への国境』本編映像
斎藤工&板谷由夏が『ノー・エスケープ 自由への国境』などGW中のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
映画『ノー・エスケープ 自由への国境』ジェフリー・ディーン・モーガンインタビュー映像

» 『ノー・エスケープ 自由への国境』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『ノー・エスケープ 自由への国境』ポスター
    ポスター
  • 映画『ノー・エスケープ 自由への国境』チラシ
    チラシ
  • 映画『ノー・エスケープ 自由への国境』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ノー・エスケープ 自由への国境』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ノー・エスケープ 自由への国境」 from 元・副会長のCinema Days (2017年5月13日 6時36分)
    (原題:DESIERTO)いくらでも面白く出来る題材ながら、観ていてあまり盛り上がらないのは、作り込みが徹底していないからだ。アイデア不足とキャラクター設定の甘さがラストまで尾を引き、活劇としても社会派映画のテイストにしても、空振りに終わっている。場合によ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ノー・エスケープ 自由への国境」 from ここなつ映画レビュー (2017年5月9日 12時45分)
    メキシコからアメリカへ密入国しようとする集団が、砂漠の中で次々殺される。「狩る」のは一人の男と一匹の犬。男のライフルの正確なショットと、犬の執拗な追跡は類稀である。ここ数年で観た作品の中では一番怖かったかも。今世紀最大に怖い映画だと言ってもいい。その恐怖は、狩り・狩られる恐怖、砂漠の渇きの恐怖、理屈や情なんて一切介入しない冷酷さの恐怖、などなど種々あるが、最も怖く、「今世紀最大に怖い」とまで言ってしまった部分とは、現代の情勢を鑑みれば、これが絵空事ではないかもしれない、という恐怖に尽きるだろう。だが、そんな ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ノー・エスケープ 自由への国境』評価と感想/排外主義の先 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年5月6日 22時26分)
    現実に起こりうる世界 ☆4.5 予告編はこんな感じです 映画データはこちらからどうぞ ノー・エスケープ 自由への国境映画『ノー・エスケープ 自由への国境』の作品情報:『ゼロ・グラビティ』などのアルフォンソ・キュアロンがプロデューサー、息子のホナス・キュアロンが監督を務めたサバイバルスリラー。砂漠の国境地帯を舞台に、メキシコからアメリカへ不法入国を試みる移民たちと、彼らを狙う襲撃者の攻防を描く。www.cinematoday.jp ノー・エスケープ 自由への国境|映画情報のぴあ映画生活『ノー・エスケー&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ノー・エスケープ 自由への国境/DESIERTO from 我想一個人映画美的女人blog (2017年5月5日 21時32分)
    アルフォンソ・キュアロンの息子で「ゼロ・グラビティ」では共同脚本を手がけたホナス・キュアロン初監督作。 アカデミー賞外国語映画賞メキシコ代表ノミネート。 ガエル主演なので楽しみにしてた1本。初日鑑賞 メキシコとアメリカの国境に広がる砂漠を舞台に、... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年5月1日の週の公開作品
  3. 『ノー・エスケープ 自由への国境』