まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて (2016)

2017年3月25日公開 92分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

戦中戦後の混乱の中、義務教育を諦めざるを得なかった人々が、通信制の中学校で学ぶ姿に迫るドキュメンタリー。2009年から2014年の間、さまざまな背景を持つ6人の生徒たちが、およそ60年ぶりに学校で遅い青春を謳歌(おうか)する様子を映す。監督を務めるのは、『月あかりの下で ある定時制高校の記憶』の太田直子。学ぶことの大切さを思い出させてくれる人々の笑顔が印象的。

あらすじ

月2回の休日に、東京都千代田区立神田一橋中学校通信教育課程の面接授業に通う6人の高齢の生徒たち。さまざまな事情から中学校に通えなかった彼らは、人生の終盤に差しかかってようやく勉強するチャンスを得たのだった。自身の体調不良や連れ合いの介護などの問題に直面しながらも、勉学に励んでおり……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

スタッフ

監督・撮影・編集・語り
プロデューサー
オンライン編集
整音
題字
上映担当
デザイン
Web制作
宣伝協力
協力
資料写真

映画詳細データ

製作国
日本
製作著作・配給
  • グループ現代
ポストプロダクション
  • 東京テレビセンター
音楽
  • t&kプロジェクト
資料写真
  • 一橋中学校通信教育課程創設30周年記念誌
  • 野田市立福田第二小学校
助成
  • 文化庁文化芸術振興費補助金
カラー/BD
(新宿K’s cinema)
リンク
公式サイト

前売券特典

ポストカード
ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]