シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて

公式サイト:http://www.film-manabu.com/
まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2017年3月25日
(新宿K’s cinema)
上映時間:
製作著作・配給:
グループ現代
ポストプロダクション:
東京テレビセンター
音楽:
t&kプロジェクト
資料写真:
一橋中学校通信教育課程創設30周年記念誌 / 野田市立福田第二小学校
助成:
文化庁文化芸術振興費補助金
カラー/BD

見どころ:戦中戦後の混乱の中、義務教育を諦めざるを得なかった人々が、通信制の中学校で学ぶ姿に迫るドキュメンタリー。2009年から2014年の間、さまざまな背景を持つ6人の生徒たちが、およそ60年ぶりに学校で遅い青春を謳歌(おうか)する様子を映す。監督を務めるのは、『月あかりの下で ある定時制高校の記憶』の太田直子。学ぶことの大切さを思い出させてくれる人々の笑顔が印象的。

あらすじ:月2回の休日に、東京都千代田区立神田一橋中学校通信教育課程の面接授業に通う6人の高齢の生徒たち。さまざまな事情から中学校に通えなかった彼らは、人生の終盤に差しかかってようやく勉強するチャンスを得たのだった。自身の体調不良や連れ合いの介護などの問題に直面しながらも、勉学に励んでおり……。

まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて

映画短評

  • 中山 治美
    ”まなぶ”ってこういうこと!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    日本の義務教育は、受験の為の暗記とよく言われる。
    身になったか?と問われると自信がない。
    だが学歴と知識の重要性を認識した上で受ける教育は、
    こんなにも人の心を駆り立て、楽しさを体現できるものなのか。
    延べ5年に及んだ本作が証明している。
    学歴社会に揉まれ、肉体労働を転々としてきた男性の言葉が胸に突き刺さる。
    「まなぶと気持ちが豊かになる」と。
    生徒の平均年齢は73歳。
    戦後の混乱期に貧困などで中学に通えなかった人たちだ。
    太田直子監督は前作で定時制高校を追った。
    通信制中学共々減少傾向にある。
    夜間大学出身の身としては、誰にも、幾つになっても、
    学びの場がある社会を願わずにはいられない。

予告編・動画

映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』予告編

» 『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

ポスター/チラシ

  • 映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』ポスター
    ポスター
  • 映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』チラシ
    チラシ
  • 映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・撮影・編集・語り:
プロデューサー: 田野稔
オンライン編集: 佐藤伸一
整音: 高木創
題字: 宮城正吉
デザイン: 仁木順平
Web制作: 遠矢麻野
資料写真: 藤井司
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年3月20日の週の公開作品
  3. 『まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて』