シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
キング・アーサー
(C) 2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC
英題:
KING ARTHUR: LEGEND OF THE SWORD
製作年:
2017年
日本公開:
2017年6月17日
(丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

見どころ:アーサー王をめぐる伝説をベースにしたアクション。王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。メガホンを取るのは、『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー。出演に、テレビシリーズ「サン・オブ・アナーキー」などのチャーリー・ハナム、『コールド マウンテン』などのジュード・ロウ、『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』などのジャイモン・フンスーらが結集。壮絶なソードバトルの数々に圧倒される。

あらすじ:王の息子として生まれ、その跡を継ぐ者とされていたアーサー(チャーリー・ハナム)。だが、暴君ヴォーティガン(ジュード・ロウ)によって父と母を殺され、スラム街へと追いやられてしまう。過酷な環境の中、アーサーは生き抜く知恵を身に付け、肉体を鍛える。やがて、無双の力をもたらすとされる聖剣エクスカリバーを手にする。仲間たちと共に圧政を敷くヴォーティガンを倒し、王座に就こうとするアーサーだったが……。

キング・アーサー
(C) 2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC

映画短評

  • 相馬 学
    アーサー王伝説・立身出世篇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     シャーロック・ホームズ、ナポレオン・ソロと古典的な題材をアップデートしてきたガイ・リッチーがアーサー王伝説を描くのだから、過去のアーサー王映画と異なるのは必然。

     アーサーが王宮ではなく売春宿で育った……そんな観客目線に近い設定にしたことで、感情移入しやすくなったのはもちろん、キャラに荒々しさも加わり、チョイ悪ヒーロー的な魅力が映える。チャーリー・ハナムのゴツゴツした個性がハマった。

     複数のエピソードがアップテンポで交錯する編集の妙も健在で、リッチー作品らしいスピード感が脈づく。魔法に重きが置かれているためソード・アクションはイマイチだが、そこは割り切ってゲーム感覚で楽しみたい。

  • なかざわひでゆき
    アーサー王伝説の新解釈はライトな娯楽ファンタジー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     あの有名なアーサー王伝説を、『ロード・オブ・ザ・リング』や『ゲーム・オブ・スローンズ』風のスペクタクルな史劇ファンタジーとして仕上げたところがミソか。随所にガイ・リッチー監督らしいエッジの効いたオフビートなテイストを散りばめつつも、全体的には良くも悪くもライトなアクション・エンターテインメントだ。
     円卓の騎士にアフリカ系やアジア系が混ざっているのは、なるほど、ハリウッド映画ならではの人種的配慮なのだろうけど、アフリカ遠征したアグロヴァル卿が現地女性との間に息子をもうけたという説もあるくらいなので、全くの荒唐無稽な話ではない。それに、そもそもが史実と疑わしい「伝説」だしね。

  • 山縣みどり
    ガイ・リッチー解釈のアーサー王はストリート系!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    冒頭の戦闘シーンや異形の魔物は『ロード・オブ・ザ・リング』的でおおっと思わせるし、ヘロデ大王の幼児虐殺を彷彿させる逸話も登場。さらには孤児となったアーサーがカンフー道場で戦い方を学んだりもするわけで、過去に何度も映画化されたアーサー王伝説もガイ・リッチー監督に解釈させると新鮮。C・ハナム演じるアーサーがストリート系なのも楽しく、EXILEファンも満足するはず。『ゲーム・オブ・スローンズ』人気で中世を見慣れた気になっていたが、CGIを多用した映像はスタイリッシュ&華やか。セット美術や衣装・小道具を見ても予算潤沢なのは明らかだし、D・ベッカムのカメオ出演というおまけもある贅沢なアクション活劇だ。

  • くれい響
    ガイ・リッチーだから許される!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『シャーロック・ホームズ』に続き、世間のイメージがガチガチに固められた名作をガイ・リッチー監督がブッ壊すシリーズ。お約束なハイスピード・カメラ多用の戦闘シーンやブラザーなベディヴィアは許容範囲とはいえ、アーサーの師匠としてカンフーの使い手が登場するとは! 当初「聖剣無双」の副題が付いていただけにゲーム感覚のほか、鈴蘭ならぬグレートブリテンのてっぺん獲ったる!なヤンキー臭も満載。しかも、有名すぎるエクスカリバーのシーンに驚くほど大根なベッカム様を使うほど、アーサー王伝説の持つ崇高さや格調高さを微塵も感じさせない潔さ。後半にかけての失速感は悔やまれるが、序盤のモンタージュはさすがの一言。

  • 平沢 薫
    痛快!アーサー王伝説をVFXヒーロー・アクション化
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     米国にアメコミ・ヒーローあれば、英国に元祖ヒーロー、アーサー王あり。英国人監督ガイ・リッチーが、みんながそんなにヒーロー好きならアーサー王伝説をアメコミ・ヒーローのフォーマットで描こうじゃないか、と撮ったのがきっと本作。従来のアーサー王映画的な文学趣味や格調は無くして、ド迫力のバトルが連続するアクション・エンターテインメントに仕上げた。さらに昨今のVFXを最小限に抑える風潮を無視した、VFXならではの大スケールの派手な映像が痛快。例えば「ロード・オブ・ザ・リング」の大きな象がより巨大化し、ああこの角度からこう撮りたかったのかと納得の形で登場。"湖の乙女"などの幻想絵画のような光景も美しい。

予告編・動画

『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督作!映画『キング・アーサー』予告編
ガイ・リッチー監督!映画『キング・アーサー 聖剣無双』WEB用特報
ジュード・ロウが、かっちょいい!映画『キング・アーサー』特別映像
デヴィッド・ベッカム登場!映画『キング・アーサー』特別映像

» 『キング・アーサー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2017 WARNER BROS. ENT. INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENT. LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『キング・アーサー』ポスター
    ポスター
  • 映画『キング・アーサー』チラシ
    チラシ
  • 映画『キング・アーサー』チラシ
    チラシ

キャスト

ヴォーティガン:
ベディヴィア:
ユーサー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キング・アーサー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『キング・アーサー』評価と感想/2017年世界的ワースト作品を鑑賞 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年6月22日 13時35分)
    清々しいまでのコケっぷりに敬意を込めて ☆1点 予告編はこんな感じです 映画『キング・アーサー』本予告 【HD】2017年6月17日(土)公開スラムのガキから王になれ!圧倒的スケールで描く、新感覚ソードアクション! ■『キング・アーサー』2017年6月17日(土)全国ロードショー 映画オフィシャルサイト: WBオフィシャルTwitter: #キング・アーサ...www.youtube.com 映画データはこちらからどうぞ キング・アーサー映画『キング・アーサー』の作品情報:アーサー王をめぐる伝説をベ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月12日の週の公開作品
  3. 『キング・アーサー』