どなたでもご覧になれます

ボンジュール、アン (2016)

2017年7月7日公開 92分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ボンジュール、アン
the photographer Eric Caro

見どころ

フランシス・フォード・コッポラ監督の妻であり、『ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録』などを手掛けてきたエレノア・コッポラ監督作。人生の岐路に立つ女性が旅を通して自らを見つめ直し、新たな喜びや幸せを見いだすさまを描く。『運命の女』などのダイアン・レインと『恋するベーカリー』などのアレック・ボールドウィンが妻と夫にふんし、監督としても活躍するアルノー・ヴィアールが夫の仕事仲間を演じる。

あらすじ

仕事ばかりの映画プロデューサー・マイケル(アレック・ボールドウィン)の妻で、子育ても一段落したアン(ダイアン・レイン)は、ひょんなことから夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)の車に同乗してカンヌからパリに戻ることになる。ところが、単なる移動のはずのドライブは、おいしい食事や南フランスの美しい景色を楽しむうちに充実したひと時となり……。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
4

1

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
PARIS CAN WAIT
製作国
アメリカ
配給
  • 東北新社
  • STAR CHANNEL MOVIES
製作会社
  • A+E Studios
  • American Zoetrope
  • Corner Piece Capital
  • Lifetime Films
カラー
(TOHOシネマズ シャンテほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]