シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バイバイマン

公式サイト:http://byebyeman-movie.jp/
バイバイマン
(C) 2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
英題:
THE BYE BYE MAN
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年7月8日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
AMGエンタテインメント
製作会社:
STX Productions
カラー

見どころ:名前を知るだけで呪われる「バイバイマン」に取りつかれた若者たちの恐怖を描くホラー。『ギャング・オブ・ホラー』などのステイシー・タイトルが監督を務める。バイバイマンを『ヘルボーイ』シリーズなどのダグ・ジョーンズが演じるほか、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』などのダグラス・スミス、『メメント』などのキャリー=アン・モス、『ネットワーク』などのフェイ・ダナウェイらが出演。

あらすじ:アメリカ・ウィスコンシン州。古い屋敷で暮らし始めた3人の大学生は、ひょんなことから、その名前を知ったり口にしたりした者に死が訪れるというバイバイマンを解き放ってしまう。それ以来、バイバイマンに取りつかれた彼らは、その呪いから逃れようと互いに協力して助け合うが、周囲の人々が次々と悲惨な運命をたどり……。

バイバイマン
(C) 2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    オカルトだが心理的にコワい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     その名を口にした者の命を奪うというバイバイマンの設定は『キャンディマン』を思わせるが、超常ホラー・キャラとしてはユニーク。

     バイバイマンに襲われる大学生3人のサバイバルがスリルの核となるが、バイバイマンのそれは恐れや嫉妬といった心の弱さにつけこみ、幻覚を見せて追い込むというもの。必然的に、心理スリラー的な味が濃くなり、オカルトの中にも現実性を宿す。

     展開的にはイイ気になっている若者が次々と惨殺されるホラーの王道パターンだが、先が読めても乗せられるのは、そんな生々しさゆえかもしれない。製作費の3倍強の全米興収を計上しているので、続編製作も有りうる!?

予告編・動画

『ギャング・オブ・ホラー』などのステイシー・タイトル監督作!映画『バイバイマン』予告編パート2
その名を言ってはならない!映画『バイバイマン』予告編
奴の名を知っただけで死ぬ…映画『バイバイマン』特報
『メメント』などのキャリー=アン・モスが答える!映画『バイバイマン』インタビュー映像

» 『バイバイマン』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『バイバイマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『バイバイマン』チラシ
    チラシ
  • 映画『バイバイマン』チラシ
    チラシ

キャスト

エリオット:
サーシャ:
バイバイマン:
警部ショウ:
レドモン婦人:
ラリー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バイバイマン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『バイバイマン』評価と感想/疑心暗鬼という鬼 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年7月12日 23時33分)
    脇役が何気に豪華です ☆3.5点 予告編はこんな感じです 「バイバイマン」予告公開日:2017年7月8日ヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次公開 公式サイト: (C) 2017 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.www.youtube.com 映画データはこちらからどうぞ (シネマトゥデイ) バイバイマン映画『バイバイマン』の作品情報:名前を知るだけで呪われる「バイバイマン」に取りつかれた若者たちの恐怖を描くホラー。『ギャング・オブ・ホラー』などのステイ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • バイバイマン/THE BYE BYE MAN from 我想一個人映画美的女人blog (2017年7月11日 0時46分)
    「ソウ」のジェームズ・ワン監督が「近年最も怖くて面白いホラー!この監督に嫉妬する」 と手放しで褒めたホラー。 ジェームズ・ワン信者のわたしは見逃せないってことで早速。 おまけに、「オキュラス 怨霊鏡」「スペル」の製作陣が放つ! なーーんてうたい文句がチラシについて、わたし得か と楽しみにしてた。 いやいや、嫉妬しなくていいよ。全然。 問題外。 しかもよく調べると、製作総指揮に「オキュラス」の約1名が関わってるだけで 「スペル」(サム・ライミ監督作)との絡みなんて プロデ. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年7月3日の週の公開作品
  3. 『バイバイマン』