シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
少女ファニーと運命の旅
(C) ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015
英題:
FANNY’S JOURNEY
製作年:
2016年
製作国:
フランス/ベルギー
日本公開:
2017年8月11日
(TOHOシネマズシャンテほか)
上映時間:
配給:
東北新社 / STAR CHANNEL MOVIES
カラー/シネマスコープ

見どころ:実在した女性ファニー・ベン=アミの自伝を基に、ナチスドイツ支配下のフランスからスイスを目指したユダヤ人の子供たちの逃避行を描く人間ドラマ。ナチスの追跡を逃れるさなか引率者とはぐれてしまった子供たちが、13歳のファニーをリーダーに数々の難局を知恵と勇気で乗り切っていく。レオニー・スーショーをはじめ、『ヒア アフター』などのセシル・ドゥ・フランスらが出演。フランスの名匠ジャック・ドワイヨンを父に持つローラ・ドワイヨンがメガホンを取った。

あらすじ:ナチスドイツ支配下の1943年フランス、幼い妹2人と一緒に児童施設にかくまわれていたユダヤ人少女ファニーは、密告者の通報により別の施設に移動することになった。しかし、新たな施設にも捜索の手が迫りファニーらは列車で移動するが、移動中に引率者とはぐれてしまう。見知らぬ駅に取り残された9人の子供たちは、自分たちだけでスイス国境を目指すが……。

少女ファニーと運命の旅
(C) ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015

映画短評

  • 山縣みどり
    過酷な運命をはねのけた子供たちの姿に涙
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ユダヤ人を次々と逮捕(→収容所送り)したヴィシー政権下でスイスを目指した子供たちの運命にハラハラさせられっぱなし。集団を率いることになった少女ファニーの心労は計り知れず、重責に耐える彼女の芯の強さと優しさが心にしみる。実話インスパイアだし緊張感あふれる旅なのだが、子供の視点で事態を見つめる展開になっているので、冒険譚めいた雰囲気もある。子役は皆、本当に愛らしい。また自身の出自や戦争中と理解していなさそうな年端のいかない幼子たちが折々に見せる無邪気さに救われる。そして逮捕の危険を冒してまでユダヤ人を救おうとした人がいたことにも! 世界情勢がどんどんきな臭くなる今だから多くの人に見て欲しい作品だ。

  • 森 直人
    「子供の目を通した戦争」の風景を明快に
    ★★★★
    »読む«閉じる

    監督のローラ・ドワイヨン(C・クラピッシュ監督の妻ですな)がこの企画を受け取った時、ナチス占領下のパリから南仏へ逃げるユダヤ人兄弟の少年を描いた父ジャック・ドワイヨンの『小さな赤いビー玉』が頭をよぎった事は間違いない。その意志を受け継ぎつつ父親とは「違うもの」を作ろうと、フリーハンドではなく綿密に作り込まれたサスペンスの方に向かったのかも。

    子供たちの乱反射するエネルギーさえも、ウェルメイドな統率に組み込んだのは評価や好みの分かれ目になるだろうが、そのぶん「逃亡」が「冒険」になる無邪気な陽性のトーンがくっきり判り易く出た。隠れた傑作『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』等も連想。

予告編・動画

子供たちはナチスの追跡を振り切れるのか!?映画『少女ファニーと運命の旅』予告編

» 『少女ファニーと運命の旅』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015

ポスター/チラシ

  • 映画『少女ファニーと運命の旅』ポスター
    ポスター
  • 映画『少女ファニーと運命の旅』チラシ
    チラシ
  • 映画『少女ファニーと運命の旅』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 少女ファニーと運命の旅 from エンターテイメント日誌 (2017年9月11日 8時49分)
    評価:B 映画公式サイトはこちら。 フランス/ベルギーの合作。実話である。僕は ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「少女ファニーと運命の旅」 from 元・副会長のCinema Days (2017年8月26日 6時57分)
    (原題:LE VOYAGE DE FANNY)実話の映画化だが、そのことを作劇の不手際のエクスキューズにする様子が無いのは、まずは好感が持てる。もっとも、プロットの組み立てにぎこちない点があるのは事実。ただ、あまり気にならないのは、子供が中心というキャラクターの設定... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:少女ファニーと運命の旅 Le voyage de Fanny こんな歴史があったんだ、を誠実に語る一作。 from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2017年8月24日 1時4分)
    最近「ヒトラー映画」がやたら多く公開されていて、やや食傷ぎみ(笑) 例えば... 「ヒトラーの忘れ物」の原タイトルは、Under sandet = 砂の下 「ヒトラーへの285枚の葉書」は、Jeder stirbt fur sich allein = ベルリンに一人死す なので、わかりやすくしようとした努力(売ろうとした努力?)はわかるが、その意図が結果、冒頭のような印象?現象となる。 その点、今作は潔くて良い。 原作モノ(自伝)とはいえ、下手したら「少女ファニー、. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「少女ファニーと運命の旅」:子供たちの逃亡サスペンス from 大江戸時夫の東京温度 (2017年8月17日 23時48分)
    映画『少女ファニーと運命の旅』は、気がついたら公開されていましたが、いやー、小粒 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 少女ファニーと運命の旅 評価と感想/理由も分からない子供たち from eigamanzaiの映画レビュー (2017年8月15日 20時21分)
    悪いことならユダヤ人をやめれば、の言葉が胸を打つ ☆4.5点 第二次世界大戦中ナチス支配下のフランスから子供たちだけでスイスに渡ったイスラエル在住の女性ファニー・ベン=アミの自伝「ファニー 13歳の指揮官」の映画化。監督はローラ・ドワイヨン、主演は子役のレオニー・スーショー 予告編はこんな感じです 映画『少女ファニーと運命の旅』予告映画『少女ファニーと運命の旅』予告 少女ファニーの運命の旅を描く“実話から生まれた”感動の物語。 8/11(金)TOHOシネマズ シャンテ ほか 全国ロードショー! ww&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年8月7日の週の公開作品
  3. 『少女ファニーと運命の旅』