シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
オン・ザ・ミルキー・ロード
(C) 2016 LOVE AND WAR LLC
英題:
ON THE MILKY ROAD
製作年:
2016年
製作国:
セルビア/イギリス/アメリカ
日本公開:
2017年9月15日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
アメリカンビスタサイズ/カラー

見どころ:『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などのエミール・クストリッツァ監督が、イタリアを代表する女優モニカ・ベルッチをヒロインに迎えたドラマ。戦場にミルクを届ける仕事をしている男が村の英雄の婚約者と恋に落ち、逃避行を繰り広げる姿を描く。ヒロインの恋の相手をクストリッツァ監督自身が演じ、『アンダーグラウンド』などのミキ・マノイロヴィッチらが共演。クストリッツァ監督の息子であるストリボール・クストリッツァが音楽を手掛けている。

あらすじ:戦時中のある国で、銃弾を横目にしながらロバに乗って、兵士たちがいる前線までミルクを届けているコスタ(エミール・クストリッツァ)。コスタは、村の英雄ザガ(ミキ・マノイロヴィッチ)の花嫁になるミステリアスな美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、恋仲になる。しかし、彼女のある過去のために村が襲撃され、二人は村を飛び出す。

オン・ザ・ミルキー・ロード
(C) 2016 LOVE AND WAR LLC

映画短評

  • なかざわひでゆき
    クストリッツァ映画の醍醐味溢れる狂乱の生命賛歌
    ★★★★
    »読む«閉じる

     エミール・クストリッツァ久々の長編劇映画だが、戦争や死という暗く重いテーマを取り扱いつつ、溢れんばかりのバイタリティと人を食ったようなユーモアで謳いあげられる、大らかで慈愛に満ちた生命への賛歌は依然として健在だ。
     今回は戦時下の某国で繰り広げられる中年男女の恋の逃避行。牧歌的な田舎を舞台に個性的な奇人変人や愉快な動物たちが入り乱れ、情熱と哀切のバルカン・サウンドがかき鳴らされるお祭り騒ぎの中で、暴力的なリアリズムと詩的なファンタジーが交錯していく。
     マンネリと言われればそれまでだが、しかしこれこそクストリッツァ作品の醍醐味。少女のような瑞々しさを兼ね備えたモニカ・ベルッチも素晴らしい。

  • くれい響
    南へ走れ、ミルクの道を!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    エミール・クストリッツァ監督自身が主演し、ボンドガール以上に身体を張ってるモニカ・ベルッチ演じるヒロインと恋に落ちる設定だけに、嫉妬も含め、一部ではいろいろ言われているようだが、そんなことも気にならないぐらい、相変らずエネルギッシュでパワフルな9年ぶりの新作。壊れかけの古時計、『フラッシュダンス』を踊る女、ムツゴロウさんばりな熊との戯れなどのスラップスティックな描写に、結婚式を彩るバルカン・サウンドと、ファンを裏切らないゴッタ煮感は健在。さらに、特殊部隊に立ち向かいながら愛の逃避行を繰り広げる後半パートでは、クストリッツァ史上最強といえるブラックな描写もあり、人間悲喜劇としての見応えは十分だ!

  • 森 直人
    シンプルに純化されたクストリッツァの活動写真
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ジプシーのとき』から『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』に至る独創の形成がクストリッツァの青年期~壮年期だとしたら、完成したスタイルを自らの原点に向かい、ある種の透明性に戻しているのが以降の流れだと思う。今回ついに監督&主演=「自作自演」で、彼の無声活劇/喜劇志向が全開になった。過去にオマージュを捧げていたチャップリンや、キートン、ロイドばりのドタバタ劇を全身全霊で生きてみせる。

    もちろん映画全体で奏でられるのは祝祭と破壊が渾然一体となったボリュームたっぷりのバルカン狂騒曲。これだけハイエナジーのボーイ・ミーツ・ガール(!)に付き合ったM・ベルッチに拍手。『鶴は飛んでゆく』の引用も泣ける。

予告編・動画

『アンダーグラウンド』などのエミール・クストリッツァ監督作!映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編
斎藤工&板谷由夏が『エイリアン:コヴェナント』など9月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
”2分でわかるエミール・クストリッツァ”映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』特別映像

» 『オン・ザ・ミルキー・ロード』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2016 LOVE AND WAR LLC

ポスター/チラシ

  • 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』ポスター
    ポスター
  • 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』チラシ
    チラシ
  • 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』オリジナルステッカー(1種)
    オリジナルステッカー(1種)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『オン・ザ・ミルキー・ロード』の映画ニュース

  • 映画『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などのエミール・クストリッツァ監督による待望の9年ぶり新作映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』でヒロインを務めた“イタリアの...っている。(編集部・石神恵美子) 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は全国公開中...
  • 映画『アンダーグラウンド』でカンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールに輝くなど、世界三大映画祭を制覇しているエミール・クストリッツァ監督が、9年ぶりとなる新作映画『...ばかりだ。(編集部・石神恵美子) 映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』は9月15日よりTOHOシネマズシャンテほか...
  • 『インターステラー』などの鬼才クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』が11日に興行通信社が発表した土日2日間(9~10日)の全国映画動員ランキングで初登場...ナント』『ハイキュー!! 才能とセンス』『オン・ザ・ミルキー・ロード』『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリュ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • オン・ザ・ミルキー・ロード 評価と感想/動物使いが凄い from eigamanzaiの映画レビュー (2017年9月23日 10時49分)
    3つの実話と多くの寓話からなる物語 ☆4点 世界三大映画祭全てで受賞しているエミール・クストリッツァ監督の9年ぶりの新作。 戦時中の架空の国のミルク配達人を自身で演じ、村にやってきたモニカ・ベルッチ演じる美しい花嫁との恋模様を描く。 予告編 9月15日公開 エミール・クストリッツァ最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編 カンヌ、ベルリン、ベネチア−世界三大映画祭を制したエミール・クストリッツァ監督9年ぶりの最新作。 スクリーンから溢れ出る圧倒的なエネルギーと、予測できない奇想天外なストーリーで贈&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月11日の週の公開作品
  3. 『オン・ザ・ミルキー・ロード』