シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

サーミの血

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/sami/
サーミの血
(C) 2016 NORDISK FILM PRODUCTION
英題:
SAMI BLOOD
製作年:
2016年
製作国:
スウェーデン/デンマーク/ノルウェー
日本公開:
2017年9月16日
(新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか)
上映時間:
配給:
アップリンク
カラー

見どころ:第29回東京国際映画祭で審査委員特別賞と最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。1930年代のスウェーデンを舞台に、弾圧を受ける少数民族サーミ人の少女が、現状から脱しようとするさまが描かれる。メガホンを取るのは、短編を中心に手掛けてきたアマンダ・ケンネル。実際にサーミ人であるレーネ=セシリア・スパルロクが主演を務め、ユリウス・フレイシャンデル、ハンナ・アーストロムらが脇を固める。重厚な物語と美しいラップランドの風景が観る者の心をつかむ。

あらすじ:1930年代、スウェーデン北部。山間部で生活している中学生のエレは、少数民族のサーミ人であることから差別や偏見にさらされていた。成績が良い彼女は街の高校に進んで、民族衣装を着ることを強いられテントで暮らしているのを見世物のように眺められる日々から抜け出そうと考えていた。だが、教師からサーミ人に進学の資格がないと言われてしまう。ある日、彼女は村の夏祭りでスウェーデン人少年のニコラスと出会い……。

サーミの血
(C) 2016 NORDISK FILM PRODUCTION

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「サーミ・ブラッド」(邦題「サーミの血」)第29回東京国際映画祭 from ここなつ映画レビュー (2017年6月22日 13時2分)
    コンペ作品。作品は審査委員特別賞を受賞し、主演のレーネ=セシリア・スパルロクは主演女優賞を受賞した。スウェーデン映画。監督はサーミ民族の血を引くアマンダ・ケンネル。素晴らしい作品であったのは間違いない。力強く問題点をえぐり出す。女優レーネ=セシリア・スパルロウも素晴らしかった。受賞も納得である。ただ…観て良かったと思える作品であるのは間違いないのだが、どういう訳か私の中に違和感が残ってしまった。いや、違和感というより、むしろ物足りなさか。憤りを、民族差別をするノルマン人に向けるべきであるのに、自ら出自を隠し ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月11日の週の公開作品
  3. 『サーミの血』