シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
光
(C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017『光』製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年11月25日
(新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか)
上映時間:
配給:
ファントム・フィルム
カラー/ビスタサイズ/5.1ch

見どころ:「舟を編む」などで知られる直木賞作家・三浦しをんの小説を、『ぼっちゃん』などの大森立嗣監督が映画化したサスペンス。大災害で生き残った3人の男女が25年後に再会し、逃れることのできない運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。主人公とその妻を井浦新と橋本マナミ、幼なじみを瑛太、元恋人を長谷川京子が演じ、過去の秘密によってそれぞれの狂気が呼び起こされる様子を体現する。

あらすじ:東京の離島・美浜島で暮らす中学生の信之はある夜、男に襲われた恋人の美花を救うため、殺人を犯してしまう。そして島を大災害が襲い信之、美花、幼なじみの輔と数人の大人だけが生き残る。25年後、島を出て妻子と生活している信之(井浦新)と、過去を捨て芸能界で成功を収めた美花(長谷川京子)の前に輔(瑛太)が現われ……。

光
(C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017『光』製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    平凡な主婦の疲れた色気を漂わせる橋本マナミが秀逸
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     忌まわしい過去を共有する3人の幼馴染が大人になって再会することで、一見して平凡に思える日常の裏に秘められた狂気が徐々に頭をもたげていく。全編に渡って不穏な空気しか漂わず、主人公たちそれぞれの想いもすれ違うばかりで、ひたすら暴力的な破滅へと向かうしかない。欲望をむき出しにした人間の怖さと醜さに背筋が凍る。
     その一方で、あまりにも共感しづらい登場人物しか出てこないため、「日常に潜む暴力」という現実と地続きの普遍性はなかなか見出しにくい。アンビエントなテクノを使用したサントラのセンスも斬新ではあるが、どこか違和感を覚えることも否めない。ただ、平凡な主婦の疲れた色気を漂わせる橋本マナミは好演だ。

予告編・動画

中学生が殺人、幼馴染は25年後に再会し… 映画『光』予告編
橋本マナミが…!映画『光』井浦新、戦慄のDVシーン
斎藤工&板谷由夏が『探偵はBARにいる3』など11月下旬~12月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『光』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) 三浦しをん/集英社・ (C) 2017『光』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『光』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:
原作: 三浦しをん
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『光』の映画ニュース

  • 7歳よりカナダへ移住したのち16歳で単身ニューヨークに渡り、語学も堪能、慶應義塾大学卒の“ハイスペック”イケメン俳優として注目を浴びてきた古川雄輝。アジア圏でのブレイ...脳内ポイズンベリー』(2015)、『ライチ☆光クラブ』(2015)、テレビドラマ「重要参考...
  • 俳優の高橋一生が、中国の巨匠チェン・カイコー監督による日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』の日本語吹替キャストに決定した。これまでジブリアニメ『耳をすませ...中でのキーパーソンとなる役を演じれた事も光栄でしたが、以前も別の作品で共演した寛一...
  • 現地時間9日、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のワールドプレミアが、米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアム劇場で開催された。前作『スター・ウォーズ/フ...・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける衝...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 光(大森立嗣監督)評価と感想/大駱駝艦の息子、本領発揮か from eigamanzaiの映画レビュー (2017年12月2日 23時23分)
    岡本太郎イズム溢れる、映画は爆発だ! ☆3点 映画『まほろ駅前』シリーズと同じ、原作・三浦しをん×監督・大森立嗣×主演・瑛太で送るサスペンス。 W主演で井浦新、共演に長谷川京子と橋本マナミ 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 光映画『光』の作品情報:「舟を編む」などで知られる直木賞作家・三浦しをんの小説を、『ぼっちゃん』などの大森立嗣監督が映画化したサスペンス。大災害で生き残った3人の男女が25年後に再会し、逃れることのできない運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。www.cinematoda&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年11月20日の週の公開作品
  3. 『光』