シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
シンクロナイズドモンスター
(C) 2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
COLOSSAL
製作年:
2016年
製作国:
カナダ
日本公開:
2017年11月3日
(新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
提供:
ニューセレクト / 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ
配給:
アルバトロス・フィルム
製作会社:
Toy Fight Productions / Brightlight Pictures / Sayaka Producciones Audiovisuales / Legion M (presents) / Route One Entertainment
カラー/シネマスコープ/5.1ch

見どころ:『レイチェルの結婚』『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイが主演と製作総指揮を務めた異色作。失意のヒロインが、突如現れた巨大怪獣を操り世界を混乱させる。『なんちゃって家族』などのジェイソン・サダイキス、『美女と野獣』などのダン・スティーヴンスらが共演。『ブラック・ハッカー』などのナチョ・ビガロンド監督がメガホンを取った。

あらすじ:失業して酒浸りのグロリア(アン・ハサウェイ)は、一緒に住んでいた恋人のティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、ニューヨークから故郷の田舎町に戻る。そこで再会した幼なじみのオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働き始めた矢先、ソウルに巨大怪獣が襲来したことを知る。そしてニュースの映像を見たグロリアは、その怪獣と自分の動きがシンクロしていることに気付く。

シンクロナイズドモンスター
(C) 2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    虐げられた女性の分身=巨大怪獣が世の悪意に立ち向かう
    ★★★★
    »読む«閉じる

     モンスターを人間の心理的メタファーとして描く手法は、映画史において必ずしも目新しいものではないが、しかし人間の内なるモンスターを具現化した巨大怪獣が巨大ロボットと戦うという筋書きはかなり斬新だと言えよう。ただし、そうした特撮バトルがメイン・ディッシュではない。
     これは、社会に蔓延る男性優位主義や階級格差によって劣等感を植え付けられた女性が、巨大怪獣という自らの分身を通して世の悪意(=巨大ロボット)に立ち向かい、強く逞しく生まれ変わる姿を描いたシュールなファンタジー。ある意味、『ドニー・ダーコ』などの系譜に属する作品であり、アメリカでコケたのは観客が単純明快なエンタメを期待したからだろう。

  • くれい響
    じつはホラー要素もある愛憎劇
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    なぜ、日本じゃなく、韓国?という点も含め、SFファンタジーとしても、かなりブッ飛んだ設定だが、怪獣とシンクロた炎上ライターと、巨大ロボットとシンクロした彼女の幼馴染を中心とした、ドロドロな愛憎劇である。まるで舞台劇のような閉鎖された空間に、女1人:男3人の構図、ドタバタしてる割には爆笑に繋がらない狙った笑いなど、いかにも『エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる』のナチョ・ビガロンド監督の作品らしい。結果的に『レイチェルの結婚』にも近い、いかにもアン・ハサウェイらしい女性映画として着地するが、コメディアンのイメージが強いジェイソン・サダイキスによるホラー芝居も目を見張るものがある。

  • 清水 節
    戦う「大アン・ハサウェイ」の苦悩と葛藤のルーツは「大日本人」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     職を失い酒に溺れて故郷に帰った、壊れたアメリカ人女性の分身が、巨大怪獣となって韓国に出現し、周囲を犠牲に…。うしろめたさから責任感が芽生える過程が興味深い。内的に問題を抱えたヒロインの克服劇。オスカー女優アン・ハサウェイが演じることでシュールさが増す。原題は「COLOSSAL」=“巨大な”。社会批判のメタファーではなく、『禁断の惑星』のイドの怪物のような、アルターエゴのモンスター化。脚本監督を務めたナチョ・ビガロンドは、松本人志監督作品の影響下にあると公言する。真のルーツは、普通の人間の日常的な葛藤が巨大化した不条理コメディ『大日本人』。邦題は『大アン・ハサウェイ』の方がしっくりする。

  • 相馬 学
    一見、奇想天外、しかし意外にシリアス!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     地球の裏側で大暴れしている怪獣の正体はアタシだった!…という奇想天外な設定。しかし、物語自体が導く先は意外にシリアスで、考えさせるものがある。

     自分が都市を破壊して人を殺してしまったと反省するヒロインはチャーミングだが、反比例するかのように、彼女の幼なじみのバーテンダーが巨大ロボットに自身を託して暴走。一見いい人でも内部にはストレスが蓄積している。ロボットはその象徴だ。

     バーテンダーは“やっと俺にも主役がまわってきた”という。それは捨てたり、諦めてきた夢が、歪んだかたちで噴出したもの。重くないコメディ・タッチは最後まで貫かれるが、都市破壊という行為には悪意の生々しさが見えてくる。

  • 平沢 薫
    アン・ハサウェイだから怪獣でもキュート
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     怪獣映画の形で大人の精神的成長を描く、実は大人向けの1作。アメリカの田舎に引っ越したヒロインが、ソウルの街に出現した巨大怪獣と自分がシンクロしていることに気づく。はたして彼女はどう行動するのか。
     この怪獣がヒロインの近所ではなく遠いアジアの街に出現するのは、被害が直接自分に及ばない時に、どれだけその被害に対して責任を感じるのかを問うためだろう。ヒロインも恋人も幼なじみも、単純な善人でも悪人でもなく、社会人なのにまだいろんな成長が必要な人物なのが、本作の大人向きなところ。仕事で失敗してアルコール依存症の困ったヒロインを、アン・ハサウェイがキュートな応援したくなる人物に演じている。

予告編・動画

アン・ハサウェイ主演!映画『シンクロナイズドモンスター』予告編
アン・ハサウェイ&怪獣がダンスでシンクロ

» 『シンクロナイズドモンスター』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010

(C) 2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ポスター/チラシ

  • 映画『シンクロナイズドモンスター』ポスター
    ポスター
  • 映画『シンクロナイズドモンスター』チラシ
    チラシ
  • 映画『シンクロナイズドモンスター』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『シンクロナイズドモンスター』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シンクロナイズドモンスター』の映画ニュース

  • 『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが主演を務めるモンスター映画『シンクロナイズドモンスター』(11月3日公開)で、巨大怪獣とダンスで“シンクロ”するヒロインの奇妙...全く同じ動きをしていることに気付く。 ![シンクロナイズドモンスター](second_pic.jpg "「痛っ!」怪獣がミサイ...
  • 女児向け人気テレビアニメシリーズの劇場版『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』が30日に興行通信社が発表した土日2日間(10月28~29日)...ル』『氷菓』『デンジャラス・ドライヴ』『シンクロナイズドモンスター』『ゴッホ 最期の手紙』『ノクターナル・...
  • アン・ハサウェイが主演を務めたオフビートな異色モンスター映画『Colossal』の邦題が『シンクロナイズドモンスター』に決まり、11月3日より日本公開されることが明らかにな...ホンを取った。(編集部・市川遥) 映画『シンクロナイズドモンスター』は11月3日より新宿バルト9、ヒューマント...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • COLOSSAL/シンクロナイズドモンスター from 我想一個人映画美的女人blog (2017年9月8日 0時1分)
    L.A行った時の機内映画もまだupしてないのだけど 今回はノルウェー&スペインに行った時の機内鑑賞映画を、まとめてもしくは少しづつレビューしていこうかなと というわけで、今レビュー溜まりすぎなのであっさりレビュー。 これ、実はスペインの監督作だけどカナダ映画で、2016年トロント映画祭他にて上映。 アンハサウェイの動きが、韓国に突如現れた怪獣とシンクロしてしまう なんじゃそりゃ っていうなんとも奇想天外なお話を以前作られると聞いて興味持ってたら運良く、機内にて観れた。 日本でも. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月30日の週の公開作品
  3. 『シンクロナイズドモンスター』