シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
婚約者の友人
(C) 2015 MANDARIN PRODUCTION - X FILME - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU
英題:
FRANTZ
製作年:
2016年
製作国:
フランス/ドイツ
日本公開:
2017年10月21日
(シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
提供:
KADOKAWA
提供・配給:
ロングライド
後援:
在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
製作会社:
Mandarin Films
シネマスコープ/モノクロ・カラー/5.1ch

見どころ:第1次世界大戦後のドイツを舞台に、戦死した青年の友人を名乗る男性と、残された婚約者や遺族の交流を描く人間ドラマ。エルンスト・ルビッチ監督作『私の殺した男』の基になった戯曲を、フランソワ・オゾン監督がアレンジ。『イヴ・サンローラン』などのピエール・ニネが、婚約者の友人を演じる。ヒロインにオーディションで選ばれたパウラ・ベーアがふんし、第73回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

あらすじ:1919年のドイツ。婚約者のフランツが戦死し悲しみに暮れるアンナ(パウラ・ベーア)は、フランツの墓に花を手向けて泣いているアドリアン(ピエール・ニネ)と出会う。フランツと戦前のパリで友情を育んだと語る彼に、アンナとフランツの両親は次第に心を開いていく。やがてアンナがアドリアンに婚約者の友人以上の感情を抱いたとき、彼は自らの秘密を明かし……。

婚約者の友人
(C) 2015 MANDARIN PRODUCTION - X FILME - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU

映画短評

  • 清水 節
    残酷な死や嘘を見つめ直し、生きる気力が湧いてくるまでの心の旅
    ★★★★
    »読む«閉じる

     フランソワ・オゾンが、戦死した婚約者をめぐるメロドラマに挑むかのようにみせ、やがて気高い境地へといざなう。死の影が覆う第1次世界大戦後のドイツとフランス。モノクロ映像の中で悲しみにくれるヒロイン、パウラ・ベーアの透明感が美しい。眼前に現れた亡き婚約者の友人である美青年がミステリーを牽引し、ヒロインの内的変化によって画面が仄かに色づく演出に息を呑む。マネの絵画『自殺』を見つめ、「生きる気力が湧いてくる」と彼女は捉えるようになる。トラウマとなる程の「死」や「嘘」をポジティブに捉え直し、決然と生きる覚悟が宿るまでの心の旅。再びナショナリズムが台頭する現状へのアンチテーゼとしても、深い余韻を残す。

  • なかざわひでゆき
    時として人は真実よりも嘘に救われる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     第一次世界大戦後のドイツ。戦死した婚約者の墓前に現れた見知らぬフランス人男性。愛する人の親友だと名乗る若者に心を許し、悲しみを癒されるヒロインや家族だったが、しかし思いがけない真相が明かされていく。
     善と悪の境界線が曖昧な世の中で、時として人は真実よりも嘘に救われる。そんな「優しき嘘」を巡るミステリーだが、しかし同時に本作は「他者の痛み」に想いを馳せ「己の罪」と向き合う物語でもある。愛する人を戦場へ送り出し、死なせてしまったのは、敵も味方も同じだ。
     モノクロ映像で同時代的リアリズムを追求しつつ、随所にカラーを挿入することで詩的な抒情性を際立たせるフランソワ・オゾン監督の演出にも唸る。

  • 斉藤 博昭
    まるで三島由紀夫の小説のようだ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    戦争で亡くなった婚約者の墓を、訪ねて来た友人。ヒロイン(とその両親)が、婚約者との思い出を共有するうち、二人が親しくなっていく物語に、フランソワ・オゾンはある秘密を仕掛ける。後半、重要な秘密は表面的に明かされるものの、監督が密かに込めたメッセージは明らかに男同士の愛情だろう。
    そう考えると、モノクロ画面がカラーになるシーンの意味も自ずとわかってくる。友人が、亡き婚約者の魂と寄り添っている時間に、画面は鮮やかな色を帯びるのだ。もちろんこれはひとつの解釈だが、一人の女性を介して二人の男が間接的に愛を確かめ合う展開は、三島由紀夫の「禁色」を思い起こさせる。文学的味合いも深い、ゾクゾクするほどの傑作。

  • 平沢 薫
    話者の想いに沿って、モノクロ映像がほのかに色彩を帯びる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     基本的にモノクロ映像なのだが、その時の語り手の気持ちが静かに暖かくなっていくと、映像がほのかに色彩を帯びていく。語り手が過去の楽しかった思い出を語るとき、映像が現実とは異なる、夢のように淡い色調になる。その微細な色彩の変化と、登場人物たちの心理の細やかな動きが重なり合い、さざなみのように押し寄せては、引いて行く。
     その手法が、1919年のドイツの小さな町が舞台の古風なメロドラマふうの物語によく似合う。"嘘"についての物語でもあり、それが映画ならではの映像手法で語られて、映画が美しい嘘であることを再認識させてくれる。

予告編・動画

フランソワ・オゾン監督作!映画『婚約者の友人』予告編
斎藤工&板谷由夏が『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』など10月下旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『婚約者の友人』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011

(C) 2015 MANDARIN PRODUCTION - X FILME - MARS FILMS - FRANCE 2 CINEMA - FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU

ポスター/チラシ

  • 映画『婚約者の友人』ポスター
    ポスター
  • 映画『婚約者の友人』チラシ
    チラシ
  • 映画『婚約者の友人』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『婚約者の友人』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
ドイツ人キャスティング: シモーヌ・ベーア
フランス人キャスティング: サラ・ティーパー / リーラ・フルニエ
その他キャスティング: アナイス・デュラン
サウンドエンジニア: マーチン・ブッシェル
サウンドエディター: ブノワ・ガルゴンヌ
サウンドミックス: ジャン=ポール・ユリエ
プロダクションマネージャー: オード・カトラン
第一助監督: マチュー・スチフマン

キャスト

アドリアン:
アンナ:
ホフマイスター:
アドリアンの母:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「婚約者の友人」:玉虫色のモノクローム from 大江戸時夫の東京温度 (2017年11月23日 0時15分)
    映画『婚約者の友人』は、エルンスト・ルビッチの作品をフランソワ・オゾンがリメイク ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「婚約者の友人」 from 元・副会長のCinema Days (2017年11月4日 6時34分)
    (原題:FRANTZ)近代史を題材に反戦と平和への希求という正攻法のテーマを扱っていながら、一方ではこの監督らしい屈折ぶりと捻った展開の玄妙さが存分に堪能できる。洗練されたエクステリアも併せて、観た後の満足感が実に高い映画である。  1919年のドイツの... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月16日の週の公開作品
  3. 『婚約者の友人』