シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
去年の冬、きみと別れ
(C) 2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
製作年:
2018年
製作国:
日本
日本公開:
2018年3月10日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
制作プロダクション:
C&Iエンタテイメント
製作:
映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
カラー

見どころ:『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などの岩田剛典を主演に迎え、中村文則の小説を映画化したサスペンスドラマ。とある焼死事件の真相を追うルポライターが、次第に抜き差しならない状態に陥っていくさまを描写する。『グラスホッパー』などの瀧本智行が監督を務め、主人公の婚約者を『ピーチガール』などの山本美月が好演。そのほか斎藤工、浅見れいな、北村一輝らが共演している。

あらすじ:松田百合子(山本美月)と婚約しているルポライター耶雲恭介(岩田剛典)は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大(斎藤工)のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になり……。

去年の冬、きみと別れ
(C) 2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

映画短評

  • 相馬 学
    ヒトの二面性を活かしたミステリー作りが○
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     サイコスリラー風の前半から一転、後半はミステリーが主体に。どちらもスリリングであり、それを支えているのが主要キャラクターたちの二面性にある点が面白い。

     どういう二面性かはネタバレになるので伏せるが、主人公の若きジャーナリストも、その婚約者も、頑固な編集長も、状況を支配する天才カメラマンも、それぞれに裏の顔があり、後半に明かされるそれらが謎解きの肝になる。この転調は評価の分かれ目になりそうだが、ユニークな構造は評価したい。

     前半のミスリードが過ぎる点は少々気になるものの、二面性を表現した役者陣の妙演は吸引力があるし、タイトルにつながる切ない着地点も意外性が宿り、気持ちよく騙された。

予告編・動画

『去年の冬、きみと別れ』予告編
岩田剛典主演!『去年の冬、きみと別れ』超特報映像
岩田剛典主演『去年の冬、きみと別れ』30秒WEBスポット「ダマされた!編」
岩田剛典のメッセージ入り『去年の冬、きみと別れ』特別映像

» 『去年の冬、きみと別れ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『去年の冬、きみと別れ』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『去年の冬、きみと別れ』二層式オリジナルクリアファイル(A4)
    二層式オリジナルクリアファイル(A4)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督:
脚本: 大石哲也
音楽: 上野耕路
原作: 中村文則
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『去年の冬、きみと別れ』の映画ニュース

  • 女優の浅見れいなが5日、夫である一般男性との間に第1子を授かったことをInstagramでファンに向けて発表した。「毎日とても嬉しいと同時に、母になる不安と緊張でドキドキ、...」、映画『海月姫』や、現在公開中の映画『去年の冬、きみと別れ』に出演するなど女優としても活躍。2月に...
  • モデルで女優の山本美月がピカチュウのコスプレをした写真をオフィシャルブログやInstagramで公開し、「可愛すぎてやばい」と反響を呼んでいる。 「ちょっと前の。ピカコス...大興奮させている。 山本は公開中の映画『去年の冬、きみと別れ』や、5月公開の映画『友罪』に出演するな...
  • 春休み本番を迎えた土日2日間(3月24~25日)の全国映画動員ランキングが26日に興行通信社から発表され、アニメーション映画『ボス・ベイビー』が初登場でナンバーワンに輝...1週目 8(6)『北の桜守』:3週目 9(8)『去年の冬、きみと別れ』:3週目 10(7)『ブラックパンサー』:4週...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「去年の冬、きみと別れ」 from ここなつ映画レビュー (2018年4月9日 12時46分)
    冒頭から核心部分に触れています。面白くなかったという訳ではない。ただ、私にはエグかった。もっとエグくてグロい作品も沢山観てきたのだけれど、このエグさは私の性に合わなかったということだ。何故エグいと思い、何故性に合わなかったエグさだと思ったかというと…鑑賞後にこういうことを分析するのが好きなもので…忌むべき犯罪者で異常者である姉弟の人格が、幼い頃の虐待に起因していると判断したからであろう。だから同情の余地がある、という話でもないのだけれど。いやむしろだからと言って同情してはダメなのよ、という私がいる一方で、こ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「去年の冬、きみと別れ」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2018年3月17日 1時26分)
    本日、時間が合ったのでこの映画を見てきましたが、キャッチコピーである「これは映画ファンへの挑戦状! あなたはきっとダマされる!」ってフレーズはホントやめてほしい。近年まれに見る出来の悪さ。このキャッチコピーのおかげで最初から(例えるなら)ケンカ腰で見… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 去年の冬、きみと別れ 評価と感想/中二には騙されないぞ from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月15日 17時37分)
    第二章から始まる物語 ☆3点 2013年に幻冬舎から刊行された芥川賞作家・中村文則の同名小説の映画化で監督は瀧本智行、主演は岩田剛典、共演に斎藤工、山本美月 結婚を控えたフリーライターがある焼死事件を取材するうちに抜けられない深みに嵌っていく様を描く。 去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 中村 文則 幻冬舎 2016-04-12 Amazon Kindle 楽天ブックス 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) 去年の冬、きみと別れ映画『去年の冬、きみと別れ』の作品&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『去年の冬、きみと別れ』★岩田さんが魅せる破滅的な執念の愛!(^^)/ from yutake☆イヴの《映画★一期一会》 (2018年3月14日 23時52分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173752/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・耶雲(ライター): 岩田剛典 ・木原坂(写真家): 斎藤工 自宅の火事で、モデル女性の焼死事件を起こした写真家に “事件“の臭いを感じたライターは、写真家に取材を申し込んだ― 写真家が放火して、焼け悶える女性を激写したん... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月5日の週の公開作品
  3. 『去年の冬、きみと別れ』