シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

公式サイト:http://www.jumanji.jp/
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
英題:
JUMANJI: WELCOME TO THE JUNGLE
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年4月6日
(TOHOシネマズ 日比谷ほか)
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー

見どころ:ロビン・ウィリアムズらが出演した『ジュマンジ』に続く物語が展開するアドベンチャー。学校の地下室で見つけた奇妙なビデオゲームの世界に入り込んでしまった高校生たちの運命を描く。監督はドラマシリーズ「New Girl ~ダサかわ女子と三銃士」などに携わってきたジェイク・カスダン。『カリフォルニア・ダウン』などのドウェイン・ジョンソン、『スクール・オブ・ロック』などのジャック・ブラックらが顔をそろえる。

あらすじ:高校の地下室で居残りを命じられた4人の少年少女は、そこでジュマンジという古いビデオゲームを見つける。プレイしようとキャラクターをチョイスした瞬間、彼らは選んだ人物に変身し、ゲーム内の世界であるジャングルへと移動してしまう。現実とは全く違うキャラクターになった彼らは、カバ、ジャガー、ゾウ、サイの群れなど、次から次へ野生動物と遭遇。危険にさらされながら、何とかゲームをクリアして現実世界に戻ろうとするが……。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

映画短評

  • 清水 節
    トレンドに忠実にリメイクされたデジタルキッズの成長譚
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ボードゲームが現実化する20年以上前の発想を、VRがトレンドの昨今、RPGゲーム世界にアバターとして入り込む物語に置き換え、時代に適った正しい再創造。おまけに、80年代風青春ドラマというトレンドも付け加え、まずプロデュース力でリメイクを成功に導いている。理想の姿をしたアバターとのギャップが可笑しみをもたらし、とりわけ本人の対極キャラとしての、ドウェイン・ジョンソンやジャック・ブラックの意外性ある起用法がアクセントになっている。3つの生命を持って、危険な荒野を生き抜くデジタルキッズたちの通過儀礼という物語構造も明快だ。生きづらい現実を克服するゲーム世代の成長譚として、長く愛されることだろう。

  • 斉藤 博昭
    この「素直に楽しめる感」、最近の映画では貴重です
    ★★★★
    »読む«閉じる

    現実世界からゲームの中に入り込むという、最近のトレンドな設定だが、ゲーム内の姿=アバターが、どちらかと言えば「さえない」キャラなのがツボ。そのおかしさで、ありえない物語に引いてるヒマなんて与えず、豪快に突き進む。エンタメとして、あっけらかん&スッキリなノリは、観客を選ばず楽しませてくれるはず。

    そんな感じで基本的に笑いながらテンションが上がっていくけど、油断してると思わぬ「感動」という落とし穴があるから要注意。『パワーレンジャー』や『スパイダーマン:ホームカミング』と同様に、80年代ジョン・ヒューズ的なワケあり高校生たちの絆は、ハリウッドのちょっとしたブームかも。

  • 山縣みどり
    太鼓の音が聞こえたら逃げるが勝ち!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ロビン・ウィリアムズ主演の前作を楽しんだし、ロック様主演の続編もきっと楽しいはずという予想は当たった。ボードゲームの世界に入った高校生4人組が凶暴な巨大カバに遭遇する最初の難関にはギョッとさせられたが、最後まで快調なテンポで物語が進んでいく。ゲームに役立つ個性を備えたキャラクター設定は予定調和とはいえ、ホラー感がない分安心して見ていられる。ジャングル中のさまざまなセットも豪華だし、特撮も凝っている。コンビを組むのがこれで2度目のロック様とK・ハートの掛け合いは抜群に愉快で、ジャック・ブラックが押され気味。しかしこのゲーム、何度壊しても復活するのが怖い。太鼓の音が聞こえたら逃げるが勝ち!

  • 相馬 学
    冒険コメディだが、青春要素が何気に妙味
    ★★★★
    »読む«閉じる

     続編ではあるものの、前作を見ておく必要はない。危機が連続する冒険活劇と、理屈抜きに笑えるコメディの2大要素を楽しむだけでOK。

     スリルと笑いを根底で支えるのは、プレーヤーとなる高校生たちのドラマ。居残りを命じられた接点のない高校生たちが、たがいに理解しあう、『ブレックファスト・クラブ』的展開がいい。ゲームキャラ姿であることを除けば、これは自我にしがみつく子どもたちの成長を描いた立派な青春ドラマだ。

     好調のD・ジョンソンをはじめゲームキャラ役の俳優は、それぞれにコメディ・センスを発揮。とりわけ、外見は太ったオッサンだが中身は女の子というJ・ブラックの妙演は、何かと笑わせてくれる。

  • くれい響
    デスゲーム系に飽きたところで、この一本!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『パワーレンジャー』同様、『ブレックファスト・クラブ』オマージュで始まるキャラ設定に、ATARIとファミコンを融合させたようなゲーム機と、導入部分こそ、かなり期待させるが、そこはユルいコメディを得意(?)とするジェイク・カスダン監督作。MMORPGとなった設定の面白さを生かせず、しっかりユルい。ケヴィン・ハートとジャック・ブラックという2大コメディアンが出ながら、彼らの魅力も生かせず、ロック様がキスシーンなどで、いちばん笑いを獲るのも意外だ。とはいえ、『ハンガーゲーム』に始まるデスゲーム系作品に見慣れたティーンには、これぐらいがしっくりくるのも頷けるし、それがメガヒットに繋がったように思える。

  • 平沢 薫
    実は感動的なドラマが待っている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     主演の人気スターたちが扮するのはゲームのアバターなので、彼らが演じるのがいつもとは違うキャラクター。ドウェイン・ジョンソンのアバターを使うのはオタク少年、ジャック・ブラックのアバターを使うのは女子力満点の女の子だったりして、それだけで楽しい。さらに映像は、ゲーム世界に入り込むという設定通りの体感型で、没入感たっぷり。それだけでエンターテインメントとして大満足なところに、さらにプラスがある。キャラがまるで違う男女高校生4人が、アバターを使うことで自分を客観視するようになる。脱出のため力を合わせることを通して、お互いに認め合うことができるようになる。そんな感動的な成長ドラマにもなっている。

  • 猿渡 由紀
    理屈抜きで楽しい、極上エンタテインメント
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これぞ、娯楽映画の骨頂!最初から最後まで楽しく、たっぷりと笑わせてもらった。笑いの基盤は、ドウェイン・ジョンソン、ケビン・ハートらが演じるキャラクターの中身が、ティーンエイジャーであることから来る。中でも、本当は”自分大好き”な女の子であるジャック・ブラックは、飛び抜けて可笑しい。アドベンチャーものであると同時に、成長物語でもあり、たまに、ほろっとさせられたりも。力を合わせることの大切さとか、人生は一度しかない、といった、ポジティブなメッセージも、さりげなく盛り込まれている。子供にも大人にもおすすめの作品だ。

予告編・動画

ゲームをクリアせよ!映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』新予告編
『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』予告編
斎藤工&板谷由夏が 『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』など3月末~4月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
ロック様が敵をぶん殴りまくり!『 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』本編映像

» 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

ポスター/チラシ

  • 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』ポスター
    ポスター
  • 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』チラシ
    チラシ
  • 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』TVゲーム機型ボックスティッシュ
    TVゲーム機型ボックスティッシュ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・ストーリー: クリス・マッケナ
プロダクションデザイン: オーウェン・パターソン
視覚効果スーパーバイザー: ジェローム・チェン

キャスト

スペンサー/スモルダー・ブレイブストーン:
フリッジ/ムース・フィンバー:
べサニー/シェリー・オベロン:
マーサ/ルビー・ラウンドハウス:
ナイジェル:
ヴァン・ペルト:
アレックス:
高校生スペンサー:
高校生フリッジ:
高校生ベサニー:
高校生マーサ:
ブレイブストーン博士:
オベロン教授:
フィンバー:
ラウンドハウス:
スペンサー:
ベサニー:
フリッジ:
マーサ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の映画ニュース

  • ディズニーランドの人気アトラクション「ジャングルクルーズ」の映画化作品で、悪役を映画『ゴールド/金塊の行方』『ガール・オン・ザ・トレイン』などのベネズエラ人俳優エ...ルを探検するアトラクション。映画版では『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でもジャングルを探検したロック様ことド...
  • 大人気アニメシリーズの劇場版第22弾となる新作映画『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が驚異的な数字をたたき出し、16日に興行通信社から発表された土日2日間...5(2)『ボス・ベイビー』:4週目 6(3)『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』:2週目 7(4)『映画ドラえもん のび太の...
  • オリジナル版から22年の時を経て製作された映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』について、来日したジェイク・カスダン監督が裏話を明かした。 1996年に日本公...ファンタジーアドベンチャー。今回の新作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』では“不思議なボードゲーム”は“不思議な...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 評価と感想/90年代を懐かしむ from eigamanzaiの映画レビュー (2018年4月17日 1時23分)
    目次 ヒットの要因は『君の名は。』的な? ☆4点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ ヒットの要因は『君の名は。』的な? ☆4点 1982年に発売された絵本とボードゲーム「ジュマンジ」を元に、故ロビン・ウィリアムズ主演で1995年に実写映画化された『ジュマンジ』の続編。 監督はジェイク・カスダン、主演はドウェイン・ジョンソン、共演にジャック・ブラック、カレン・ギラン ジュマンジ posted with カエレバ クリス・ヴァン・オールズバーグ ほるぷ出版 1984-07 Amazon 楽天&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」・・・・・評価額1600円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年4月4日 21時34分)
    友情・勇気・勝利!スキルを駆使して突破せよ! 楽し~!こりゃヒットする訳だ。 クリス・ヴァン・オールズバーグ原作の「ジュマンジ」が、故ロビン・ウイリアムズ主演で映画化され、本国公開となったのは1995年のクリスマスシーズン。 不思議な魔力を持ったボードゲーム“ジュマンジ”によって、ゲームの世界が現実に出現するという斬新な設定を、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ネタバレ】「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」@109シネマズ川崎 from 新・辛口映画館 (2018年3月16日 19時42分)
    IMAX3D 字幕版上映。twitterで試写会募集した応募期間が短かったせいか客入りは8割位。意外にもお子様の姿は見当たらなかった。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年4月2日の週の公開作品
  3. 『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』