シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~

やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~
(C) いせフィルム
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年11月4日
上映時間:
企画・製作:
いせフィルム
制作協力:
社会福祉法人「ぴぐれっと」 / グループホーム「みなみ風」 / ヒポコミュニケーションズ / 一隅社 / クロスフィット / ハチプロダクション / ジオングラフィック
上映協力:
MOCプロジェクト
カラー

見どころ:『ありがとう −「奈緒ちゃん」自立への25年−』に続き、伊勢真一監督が知的障害のあるめいとその家族の日々をおよそ35年にわたって記録したシリーズの第4弾。出演者は奈緒さんの母親・西村信子さんをはじめ、父親の大乗さんや弟の記一君ら西村家の人々。観る人に家族との時間を思い出させる。

あらすじ:てんかんと知的障害がある、1973年7月14日生まれの西村奈緒さんは幼少時に重い発作を繰り返し、医師に長くは生きられないと診断されてしまう。だが、専門病院での治療を続けた奈緒さんは、地域の中ですくすくと成長していった。1990年代、監督の姉で奈緒さんの母である信子さんは母親仲間と地域作業所「ぴぐれっと」を立ち上げ、障害者たちが地域社会で生活する道を探る。

やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~
(C) いせフィルム

映画短評

  • 森 直人
    観ながらずっとドキドキしていた。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    良心作である以上に衝撃作。『6才のボクが、大人になるまで。』は12年だが、こちらは35年。奈緒ちゃんシリーズの第四作として、相模原市の施設で起きた事件を契機にまとめられた。だがこれは最上の意味で「まとまっていない」。えらく複雑な家族のリアルストーリー。父、母、弟、奈緒ちゃん。彼らの見え方、生の形は意外な反転を繰り返し、ずっと固定しない。誰の人生だってそうだ。いつ、何が起こるかわからない。

    これだけ長いスパンの記録を110分に収めることで、表現の奇跡すら感じさせる生々しい人生の凝縮体ができあがったと思う。今年も優れたドキュメンタリー映画をたくさん観たが、本作は最も印象的なもののひとつである。

予告編・動画

映画『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』予告編

» 『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』ポスター
    ポスター
  • 映画『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』チラシ
    チラシ
  • 映画『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』チラシ
    チラシ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年10月30日の週の公開作品
  3. 『やさしくなあに ~奈緒ちゃんと家族の35年~』