シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ぼくの名前はズッキーニ
(C) RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016
英題:
LIFE AS A ZUCCHIN
製作年:
2016年
製作国:
スイス/フランス
日本公開:
2018年2月10日
(新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド / ミラクルヴォイス
カラー/ビスタサイズ/5.1ch

見どころ:第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートをはじめ、世界中で旋風を巻き起こしたストップモーションアニメ。母親に先立たれて施設に入れられた主人公が、仲間たちと信頼関係を築いていく様子を映し出す。これまで短編アニメを手掛けてきたクロード・バラスが監督を担当。長い時間を費やして丁寧に制作されたアナログな人形たちによるアニメに注目。

あらすじ:9歳の少年イカールは突然の事故で最愛の母親を亡くし、同年代の子供たちが共同生活を送る施設で暮らすことになる。母がつけてくれたニックネームの“ズッキーニ”を大事に思っている彼は、最初は新しい生活に慣れずにいた。だが、それぞれ問題を抱えた子供たちと接するうちに、イカールも彼らと少しずつ打ち解けていき……。

ぼくの名前はズッキーニ
(C) RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

映画短評

  • 清水 節
    ティム・バートンは闇を愛したが、クロード・バラスは光へ向かう
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ストップモーションアニメは、孤独や切なさを伝える上で最良の表現手法であることを、改めて思い知る珠玉の名編。微細な表情で人形に生命を吹き込み、繊細な心の動きを伝える。心に傷を抱えた子供たちが孤児院にいる。そこは悲しみの吹き溜まりではなく、孤独が癒され、生の歓びを知り、甦る場だ。色とりどりのキャラクターの見開いた眼に、生命力が漲る。同時代の観客にはこう伝えたい。この映画の優しさは、どこか坂元裕二脚本に通底する。『anone』の少女ハリカから目が離せない人は、今すぐズッキーニに会いに行ってほしい。かつてティム・バートンの人形アニメは自ら「闇」を愛したが、クロード・バラスは希望を抱き「光」へ向かう。

  • くれい響
    肝は女流監督による脚本にアリ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    キュートなキャラから、単なるフランス産ストップモーション・アニメと思うなかれ。なんたって脚本を書いたのは『水の中のつぼみ』、そして映画祭上映のみで終わった秀作『トムボーイ』の監督、セリーヌ・シアマである。孤児院という、今度も小さなコミュニティを舞台に、前記の2作同様、子供たちの繊細な心理や性への目覚めなどが描かれていく。そして、どこか牧歌的な雰囲気に、厳しい現実を叩きつけるドラマ、子供たちが扶養手当目当ての女を出し抜こうとする展開ではサスペンス・タッチも健在だ。技術的には『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』にかなわないが、妙に生々しいオトナのラブシーンなど、インパクトでは引けをとらない。

  • 斉藤 博昭
    ストーリーと表現が、完璧にマッチした奇跡
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    心から抱きしめ、人生の宝物にしたい作品。
    ストップモーションアニメという点では、『ウォリスとグルミット』などのアードマン作品や、記憶に新しい『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に比べ、やや動きがぎこちなかったりする。でもそれも狙いだろう。人形が体現する「もどかしさ」や「所在なさ」が、この物語に最上の表現方法だと実感する。

    孤独な子供同士の微妙な人間関係。将来への漠然とした不安は、実写で天才子役が演じたとしても、ここまで感情移入できないだろう。ミリ単位で変化する人形の表情が、他人には打ち明けられない思いをスクリーンに刻む。窓から射し込む光など、子供たちの心を反映すべく、計算された背景も芸術の域。

  • 平沢 薫
    人形素材の柔らかさは9歳の少年の心と同じ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     人形アニメで描かれる人物たちの身体を形作る素材が、粘土のような柔らかさと湿り気を感じさせて、彼らの心もまた粘土のように、少し触れただけで跡がつき形が変わってしまうことが伝わってくる。人物の顔の造形が、基本形は同じで細かな違いが個性となっているのも、彼らの心理のありようをそのまま形にしたものだろう。孤児たちの暮らしを描く本作は、子供の心理を単純化しない。むしろその多面性を描く。9歳の主人公は心から母の死を悲しみつつ、母が生きていたら陥っただろう不幸も認識している。罪悪感に苛まれ、孤独に苦しみつつ、女の子に心がときめき、雪遊びに心が弾む。人形たちが、人間たちの脆さと強靭さを鮮やかに描き出す。

予告編・動画

第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート作!映画『ぼくの名前はズッキーニ』予告編
パイロットフィルム「”ズッキーニ君”のオーディション」映画『ぼくの名前はズッキーニ』特別映像

» 『ぼくの名前はズッキーニ』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007

(C) RITA PRODUCTIONS / BLUE SPIRIT PRODUCTIONS / GEBEKA FILMS / KNM / RTS SSR / FRANCE 3 CINEMA / RHONES-ALPES CINEMA / HELIUM FILMS / 2016

ポスター/チラシ

  • 映画『ぼくの名前はズッキーニ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ぼくの名前はズッキーニ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ぼくの名前はズッキーニ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ぼくの名前はズッキーニ』特製クリアファイル
    特製クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


キャスト

ズッキーニ:
カミーユ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ぼくの名前はズッキーニ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「ぼくの名前はズッキーニ・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年2月15日 22時21分)
    この世界に、愛を探して。 様々な理由で、心に傷を負った子供たちが暮らす養護施設「フォンテーヌ園」を舞台に、母親を亡くした孤独な少年、イカール(ズッキーニ)の心の再生を描く、素晴らしいストップモーションアニメーション。 ジル・パリスの小説「Autobiographie d’une courgette」を原作に、日本でもフランス映画祭で上映された「トムボーイ」などで知られる実写畑のセリー... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年2月5日の週の公開作品
  3. 『ぼくの名前はズッキーニ』