シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ルイの9番目の人生
(C) 2015 Drax (Canada) Productions Inc. / Drax Films UK Limited.
英題:
THE NINTH LIFE OF LOUIS DRAX
製作年:
2015年
製作国:
カナダ/イギリス
日本公開:
2018年1月20日
(新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか)
上映時間:
配給:
松竹
後援:
カナダ大使館 / ブリティッシュ・カウンシル
カラー/DCP

見どころ:リズ・ジェンセンのベストセラー小説を映画化し、9年間で9度死にかけた少年の秘密を描くサスペンス。原作の映画化を切に願っていた故アンソニー・ミンゲラ監督の息子マックス・ミンゲラがプロデュースと脚本を務め、『ホーンズ 容疑者と告白の角』などのアレクサンドル・アジャがメガホンを取った。謎めいた少年をカナダの新星エイデン・ロングワースが演じるほか、ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポールらが脇を固める。

あらすじ:生まれてから毎年命にかかわる事故に見舞われてきた少年ルイ(エイデン・ロングワース)は、9歳の誕生日に崖から転落し、奇跡的に命を取り留めるが昏睡(こんすい)状態になってしまう。彼を目覚めさせようと担当医パスカル(ジェイミー・ドーナン)が奔走する一方、ルイの周囲では父親(アーロン・ポール)が行方をくらまし、母親(サラ・ガドン)のもとに誰からのものかわからない警告文が届くなど、不可解な出来事が頻発。さらにパスカルも悪夢に悩まされ……。

ルイの9番目の人生
(C) 2015 Drax (Canada) Productions Inc. / Drax Films UK Limited.

映画短評

  • 清水 節
    トラウマを克服する精神医学ミステリー×心霊ダークファンタジー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     悪いジョークのように、生死を彷徨う悲劇が相次いだ少年の9年間。昏睡状態にある彼の身に起きたことは、単なる不運なのか、それとも何者かの仕業か。真実を探る監督の手捌きは決して鮮やかとは言えないが、精神医学ミステリーや心霊ダークファンタジーを織り交ぜてサスペンスを醸成するサービス精神が、好感を抱かせる。いたいけな少年がトラウマを乗り越えるべく、必死にメッセージを発する物語。事の真相にたどり着くとき、まんまとミスリードされていたことに快感さえ抱く。少年がメッセージを受け取る『怪物はささやく』に足りなかったカタルシスは十分だ。母親役の女優サラ・ガドンが、いつになく魅力的な映画としても記憶されるだろう。

  • なかざわひでゆき
    鬼才アレクサンドル・アジャが描くシュールな愛情物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     フランス発ニューウェーブ・ホラーの旗手だったアレクサンドル・アジャの最新作は、前作『ホーンズ』で打ち出したシュールなダーク・ファンタジー路線を継承する異色ミステリーだ。
     崖からの転落事故で昏睡状態に陥った少年ルイ。崖の上で何が起きたのか、なぜ彼は毎年大きな事故に遭っているのか。そんな数奇な運命の謎を、ルイ少年本人の意識を自在に具現化した精神世界と、その回復を見守る人々の現実世界の双方から紐解く。
     浮かび上がるのは、本能的に他者との絆や愛情を求める人間の哀切。荒唐無稽な非日常を介して普遍的な日常を語るのはティム・バートン的でもある。ただ、ご都合主義にも思える終盤の展開は賛否あることだろう。

  • 山縣みどり
    子どもは周囲の人の気持ちにとても敏感なんですね
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    毎年1度は死にかけると語る少年ルイのモノローグを受けて母親に素人診断を下してしまうが、単純な毒母の物語で終わらないのが本作の魅力だ。昏睡状態の少年を軸に彼の両親の関係が徐々に明らかになり、殺人未遂事件の真相に迫る一種の謎解きだが、根底にあるのはルイの心の痛み。幼いながらも周囲の人々の気持ちを敏感に察し、必死にサバイバルするルイの心境はいかばかりか。切羽詰まったルイの選択は現実離れしているかもしれないが、「こういうことあるかも」と思わせる。ルイ役で物語を引っ張るのは、ちょっとヒネた感じもあるA・ロングワース。酸いも甘いも噛み締めたというか、子どもながらの達観が伝わる快演だ。

  • くれい響
    衝撃のラストを受け入れられるか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アレクサンドル・アジャ監督案件だが、出血量よりファンタジー要素強め。とはいえ、ベッドで眠り続ける主人公の謎を解く展開は、サスペンス・ミステリー仕立て。しかも、いきなり『怪物はささやく』な展開になったかと思えば、アーロン・ポールは決して裏切らない芝居を魅せるし、サラ・ガドンの妖艶な魅力は、クローネンバーグ監督作での低温な空気感を醸し出す。そんなアジャの演出、『ハイテンション』からのコンビであるマキシム・アレクサンドルの撮影は決して悪くないが、本作の評価は衝撃のラストを受け入れられるか否かで大きく変わるだろう。ただ、主人公を演じたエイダン・ロングワースは今後ブレイクしそうな予感。

  • 平沢 薫
    昏睡状態の少年の夢想が心地よい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     監督は、独自の派手で奇抜なVFX映像が魅力的な「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ホーンズ 容疑者と告白の角」のアレクサンドル・アジャ。今回は謎解きミステリーだが、その映像の魅力は健在。昏睡状態の少年の見ている夢想や、まるでその夢想の影響を受けたかのような彼の担当医師の見る夢が、この監督らしいビジュアルで描かれて、見る者を魅了する。
     中でも昏睡状態の少年が抱く、自分が深海をゆっくり漂っているというイメージが幻想的。その状態にある時の静謐さ、肌触りの柔らかさ、身体が丸ごと水に包まれて守られている感覚が画面から伝わってきて、その映像を見ていると、こちらも昏睡状態から覚めたくなくなる。

予告編・動画

9回死にかけた9歳の少年、その秘密は… 映画『ルイの9番目の人生』予告

» 『ルイの9番目の人生』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2015 Drax (Canada) Productions Inc. / Drax Films UK Limited.

ポスター/チラシ

  • 映画『ルイの9番目の人生』ポスター
    ポスター
  • 映画『ルイの9番目の人生』チラシ
    チラシ
  • 映画『ルイの9番目の人生』チラシ
    チラシ

キャスト

アラン・パスカル:
ナタリー・ドラックス:
ルイ・ドラックス:
ペレーズ医師:
ダルトン刑事:
ピーター・ドラックス:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ルイの9番目の人生』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ルイの9番目の人生 評価と感想/ダークでファンタジーで悲しいミステリー from eigamanzaiの映画レビュー (2018年1月25日 11時14分)
    このピクニックが永遠に続けばいいのに ☆3.5点 イギリス人作家リズ・ジェンセンが2004年に発表した小説「ルイの九番目の命」の映画化で監督はアレクサンドル・アジャ。 主人公ルイに子役のエイダン・ロングワース、主演にジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) ルイの9番目の人生映画『ルイの9番目の人生』の作品情報:リズ・ジェンセンのベストセラー小説を映画化し、9年間で9度死にかけた少年の秘密を描くサスペンス。www.cinematoday.jp (ぴあ映画生活) ルイ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ルイの9番目の人生」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2018年1月22日 0時41分)
    予告編は未見、簡単なストーリー紹介と題名だけで選んだこの映画。結果、大満足とまでは言いませんが、私のランキングではなかなか渋いポジションに位置しています(笑)。私がよく表現する「現実と虚構のどちら側の物語なのか?」という微妙なラインを綱渡りするストーリ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年1月15日の週の公開作品
  3. 『ルイの9番目の人生』